血色感、オトナの女は自らつかみ取る!【綺麗でも幸薄はダメですよ】

最終更新日

綺麗なアラフォーでも、不幸感が強いのはダメですよ

実際に「美人薄命」みたいな言葉もありますし、「幸薄系」ていうのは、美人のファクターだったりすることもあります。

けど、アラフォーママは、そういう「幸薄系」出しても、何の得もありません。

子持ちママになると、キレイ以上に鍵を握ってくるのは「ハッピーオーラ」。

美人、不美人(?)はそれぞれの美的感覚で意見が分かれやすいものだけど、おそらく「ハッピーオーラ」があるかないかは、だいたい皆同じ意見になる、同じ印象を受けるのでは?

ハッピーオーラに欠かせぬ血色感

「血色悪くてハッピーオーラが出ているひと」てあまりいません。

目鼻立ち云々、体格云々、細かいメイクテク云々よりもとにかく、ざっくりと「血色感の良いアラフォーママ」をめざしましょう

その鍵となるのは、やっぱりチーク口紅です。

どちらも、かなり大雑把な言い方をすれば「塗っておいて損はない」アイテム。

でも、チークって、結構難しいアイテムですよね。

カラー選びに始まり、ファンデとの相性、塗る範囲、濃さ、年齢との兼ね合い、などチークひとつで色々な課題が山積のアイテム。ようやく、自分に合うチークの塗り方をマスターしたか?と思うと、なんだか時代としっくり合わなかったり。。

でも、そんなこと気にせず、とりあえず塗っちゃいましょう。ちょっとチークがおかめさんでも、赤い口紅が浮いててもOK

その道通らないと、分からないこともある。特に色ものは失敗上等!トライ&エラーでいきましょう

カラーレス時代の申し子でもある、アラフォー世代の受難

私たちアラフォーが、ちょうどお化粧を覚えたての頃に流行していたのは、カラーレスなメイク+ツヤツヤグロスの組み合わせだったと記憶しています。

だからもともと、色を乗せるのに抵抗がある世代なのです

もしかしたら、そのまま来ちゃったアラフォーさんもいるでしょうか。

若い子のカラーレスなメイクは、確かに可愛いと思うんですけどね。個人的には。でもおばさんのカラーレスメイクは、すっぴんかな?顔色悪いけど、大丈夫?としか周りは認識しません。

ピンクか、オレンジ。抑えるのはそこだけ

血色感のあるハッピーメイク=オレンジを使ったメイク

という図式は、ファッション雑誌などを読む限り、なかなか強いですね。

だけど、個人的に私はオレンジが似合いません。似合う範囲の「血色ハッピーカラー」を探したところ、ローズ系のピンクという結論に落ち着きました。

とにかく、チークと口紅さえ「血色ハッピーカラー」揃えればOK。

自分に似合う「血色ハッピーカラー」を、パーソナルカラーから見つけてもいいですし、分からなければデパートやドラッグストアの美容部員さんに相談してみると良いでしょう。

(できれば、若い美容部員さんをおすすめします。)

そして、その人のおすすめのものを買っちゃいましょう

もしくは、ドラッグストアなどで存在感を放っているドメスティックのプチプラブランドで、いくつか購入して試してみるのも良し。

セザンヌとかキャンメイクとかちふれなら、チークと口紅合わせて買っても1000円超えなかったりします。品質も高品質。言うことないです。

アラフォーママは基本的に疲れている。血色感は、強い味方

そりゃ、ビタミン摂ったり運動したり色々工夫して内側から血色感出せれば一番いいのかもしれませんが、そんなことしてられないほど忙しいママも多いのではないでしょうか。

作れるなら、作るに越したことのない「血色感」。ぜひ、日頃のお疲れをメイクパワーで吹き飛ばしていきましょう。

シェアする