【綺麗ママはストイックじゃなきゃダメですか?】「とりあえず」が、キレイの世界を切り開く

前回、目標値は全然高くてオッケー!ということと「キレイな人への分析力」についてやや狂気めいた持論を展開しましたが↓

「井川遥に似てるママになりたい」で全然OK!目標設定高くいこう

「目標を設定して分析して終わり」ではなくて、ここからどうするか?

綺麗になろう!と思うと

  • よーし腕立て100回!
  • 何が何でも絶食!
  • 1日3回ボディクリーム塗っちゃうぞ

と、張り切りそうになります。でもちょっと待って

綺麗になる=ストイックなこと、と思い過ぎるとやっぱキツい

美容本や、モデルさんのライフスタイル本、ブログなどを見ていると皆さんやはり頑張ってます。

  • 毎朝ヨガが日課です
  • 朝の保湿はオーガニック製品で統一
  • 朝食はグリーンスムージー
  • パーソナルトレーナーつけてトレーニングしてます

など。

でも、仕事と育児と名もなき家事で1日があっという間に終わる私には、物理的にも経済的にも無理だし、そもそも、あまりやりたくない。。。

でもそういうストイックさがないと、どうせ綺麗になれないんだろうな

だったらもういいや、綺麗になんてならなくて。。。。という、いわゆる負のスパイラル思考に、ちょっと気をぬくといつだって陥りそうになります

でも、ある時思ったこと。

キレイな人が、全員そういうことしてるわけじゃないんじゃない?て。

キレイなモデルさんや芸能人は、ある意味そういう美的ケアを「宣伝」する立場。よくスムージーとか化粧品とかをインスタでおすすめしているけれど、あれもPRだったりするし、ヨガの本出しているモデルさんもいる。半分は、商品としての自分のブランディングアピールや宣伝なのだ全部を真に受けなくてもいいんじゃない?と。

ストイックじゃなくても大丈夫。

すぐに結果を出さなくても大丈夫。

アラフォーママは健康が資本。間違っても、芸能人みたいに産後1ヶ月で10キロ痩せました!みたいなことしなくて良いのです。変な絶食やダイエットは、その後の更年期や骨粗鬆症など、ホルモンの乱れや骨密度の低下にも繋がりかねない。やめましょう

アラフォーになったら、ただ痩せてれば美しいとかそういう範疇ではない領域で、美の真価が問われることもある。

一歩一歩、いきましょう。

「とりあえず」の精神から始める

私は、中高と体育系の部活をしていたせいか、「とりあえず」の中途半端さが好きじゃなくて、「思い切りやる」か「全然やらない」か、白黒はっきりつけることを好んで生きてきました。

でも、結婚して出産し、アラフォーになって感じたこと。

そんな白か黒かの選択しかしない生き方じゃ身が持たない。グレーを使えるようにならなきゃうまくいかないこともある、ということ。

  • とりあえず、口紅をいつもよりきちんと塗ってみる
  • とりあえず、ハンドクリーム手に塗る
  • とりあえず、美容院に予約を入れてみる
  • とりあえず、お昼のあとの甘いものを一つ減らす

こんな「1センチの前進」で良いんです!

この「1センチの前進」が、自信を生んでくれる。

このかすかな自信は、下を向いていた顔を1センチだけ、上にあげてくれる。

その1センチ上の景色に会って、表情が変化していく。

このささやかな繰り返しが、やがて着実に綺麗の力になるはず。

「とりあえず」、始めてみませんか?

忙しい日常に負けそうになることもあるけれど、私はこの「とりあえず」の力を信じ、子供が寝たあとに、5分だけつま先だちをしています!(効果は不明!)