ミニマルライフの【余白】が【美人力】を上げる本当の理由

疲れやすい。疲れてる。

疲れやすいです。毎日。

年々、疲れやすさが増しています。

「キレイなママが〜」とかブログで、ホントは言ってる場合じゃないのかも。。(涙)。

私が綺麗な女性たちに刺激を受けたのがミニマリストになるきっかけでしたが、

ミニマリストな生活が【美人】を作る【3つの理由】

同時に

  • 片付けで疲れたくない
  • 余計なこと省いて、子供と過ごす時間をより多く取りたい
  • 遊べる体力、余力を残しておきたい

などの理由もありました。特に、ミニマルな生活で、余計な手間による疲弊を減らすことで

  • 遊べる体力、余力を残しておきたい

は、さりげなく大きな理由、そして切実な理由です。

女たるもの、「遊び」が足りてないと、どんどんユーモアを飛ばす余裕もなくなり、顔に険が出て来ます

ただでさえ、アラフォー女性というのは、酸いも甘いも知っていて世の中で恐い存在

これ以上、顔に険は必要ありません

遊びましょう(火遊びは個人的に推奨しません)

好きなことして遊ぶ時間は、母親であっても妻であっても死守すべき

私は休日に、必ず時間を家族からもらって、好きなことに一人で没頭します。

なんてことはない、カフェで漫画読んだり、デパートの化粧品売り場で色々試したりですが、そういう一見どうでも良さそうな時間が、心のためにも美容のためにも必要です。

人を綺麗だな、と思う瞬間。無防備美人の秘密

人が、人をみて「あ、キレイだな…」と思うのって、その人が

「無防備な状態の時の表情」だと思うんです。そこでジャッジしている

決してキメ顔じゃないのよ!人は、人の普段の無防備な顔をジロジロ見ているんだから

いつも余裕のない顔をしていると、どんなに顔立ちが整っているひとでも綺麗に見えません。「きつい女」という残念な印象で終わってしまいます。

ふ、としたときに余裕のある顔でいられるように。

「遊び」

「余裕」

「余白」

常に残しておきたいものです。

色々なことで毎日バタバタしているとなかなか難しいけれど、毎日頑張っているママたち、ここぞという時には、遊びましょう!がっつりと