老けてる女、老けない女。アラフォーの老け見えを防ぐたった一つの方法

なぜあの人は老けて見えないのか。道ゆく若々しいアラフォー女性たちを凝視した結果…

30代に入ったあたりから、同世代でも「老けて見えるひと」と「老けて見えないひと」が分かれてくるなあ、となんとなく思っていました。

結婚して出産後、実家へ里帰りしたとき。

「あれ、老けて見えるようになったね。若い頃は、童顔だったのに」

というショックすぎる言葉!

それから、私は考えました。

「老けて見えるひとと、見えないひとの違い、それは何?」

子供がベビーカーでお昼寝中に、オープンカフェに居座り、道ゆく女性を観察し続けました。(迷惑な客ですみません)

 難しいことはナシ。髪のツヤ感、これ一択

「老け見え」は、細かく言えば色々あります。

肌のしわ、しみ、くまなどの顔の老化現象とか、スタイルとか、格好(猫背に気をつけましょう)とか。

ただ、「ぱっと見て」瞬時にジャッジされるとき、

人は「髪の毛」で判断していると確信しました。

そう。髪のツヤ

髪のツヤです。(しつこい)

よほど髪質が良くない限り、ヘアアイロンかブローは必須とアラフォーは覚悟すべし

良い髪質の人っていますよね。なにもしなくてもツヤツヤなひと。(うらやましい〜)

でも、そういう人でもアラフォーになれば、自然の摂理としてある程度、髪の毛はパサパサしてきます

その変化に気づかず、いつも洗いざらしの髪で、いませんか?それ、注意〜!

アラフォーになったら、髪の毛にツヤを出すのにはひと手間加えなくてはいけないこと、そう、はっきり覚悟すべし。

ツヤを出す方法としては、一般的に

  1. ツヤだしスプレー
  2. ブローかヘアアイロンで髪の毛をスタイリング
  3. オイルなどのスタイリング剤をつける

忙しすぎるアラフォー世代、朝にできるとしたらどれが可能でしょうか。

私は主に、2と3、忙しいときは2の「ヘアアイロンでスタイリング」だけをしています。

担当の美容師さん曰く、

「どんなアレンジをするにせよ、むしろしないにせよ、下準備としてブローかアイロンは必須。その下準備をしないと綺麗に見えない。下準備せずに決まるアレンジは、完全ひっつめのお団子だけ」と言っていました。

「無造作ヘア」でも、しっかりブローやワックスなどで作り込まないとただの「ぼさぼさ髪のおばさん」になってしまいます。しかし、超絶忙しい朝に、ヘアスタイリングにブローかアイロンするって、結構ハードル高くないでしょうか。。。。と、私は思ってました。

4分のひと手間で、1日中「若く見えるひと」

では、超絶忙しい朝に、そんな「ひと手間」加えるって、どれくらい大変なのか?

検証してみました。

ふだんのスタイリング:ヘアミルクつけて、全体に手ぐしでひとつ結び

加えるひと手間:ストレートアイロンで髪表面の寝癖を適当にならし、毛先をワックスつけて重さと動きを出す。

このひと手間の時間、アイロンを出してから電源を切るまでで計算したら、4分でした。

たった4分

それでいつもと同じひとつ結びをしたら、全然違う

  • 後れ毛も綺麗に決まる
  • ひとつ結びしたときの洗練度とオシャレ度が格段にアップ。
  • 変なアホ毛も出ないから、生活感や疲れが滲み出ない

老け見え度は、これだけで激減します。

下準備、おそるべし。

ヘアアイロンは、若い子だけが使うものではなかったようです。

ていうかむしろ、アラフォー以降にすっごく重要なアイテムになってきます。

みなさんも、眠っているヘアアイロンあったら、ぜひ使ってみましょう!

絶対若返るから!