綺麗ママでいるために、一人の時間は必要です

ママの一人時間、足りてる?

一人の時間。。。現在、のどから手がでるほど、ほしいもの

いや、、もちろん「一人の時間がない。全然ない」そう思えるのって、ママとして幸せだと思ってるんですよ。

小さな子供たちが、わちゃわちゃまとわりついてきてくれる時間なんて、あっという間に終わるって聞くし。耳にタコできるくらい、それ言われるし。

私ね、よく想像するんです

年老いて、子供も巣立ち、ちいさなアパートでちょんと横になってひとりで寝ているおばあちゃんになった自分を。

そのとき、昔を思い出して

「あの頃は賑やかだったなあ」とか、思い出すのかなって。

そのとき、わたしは寂しい気持ちなのかなって。

だからやっぱり、今、この時間は間違いなく贅沢で豊かな時間なんだなって。

でもね。

でも、どんなに色々考えても、いま、

ひとりの時間、

ほしいぃぃぃぃぃぃぃぃいっ

って思ってます。、はい。

綺麗になるために、ひとり時間は必要

綺麗になるのって、「振り返り」の積み重ねだと思うんです。

  • あの髪型はどうだった、だから今度はこうしようかな
  • あの服装は自分に合わなかった、どこが合わなかったんだろう、次はどうすれば?
  • 自己流メイクを、今どきにシフトしよう
  • ネガティブすぎる思い込みを冷静に俯瞰して、正常方向にシフトしよう

 

など。ひとつひとつ、自分に「何があっている」「どうすれば綺麗に見える」「どうすれば綺麗な心持ちでいられる」か、過去を振り返りながら微修正したり、上乗せしていったり。

それは、自分自身に問いかける、とても集中力を要する作業

じっくりと自分に向き合える時間にしか、できない作業。

忙しすぎて、日々「自分の『綺麗』に向き合う時間」をとれずに過ごしていくと、必ず、外見も微妙に何かがずれていき、それに薄々気づきながら取り組む時間が作れぬまま時間だけがすぎていくと、必ず、自分自身のストレスも溜まっていく。

だから、一人時間を作って、自分の「綺麗」に向き合ってあげることは、とても大事だと思うんです。

それは外見を取り繕うという以上に、自分の内面にもアプローチする作業であるから、いまの自分を再確認することができてとても落ち着くリラックスした作業でもあるんですよね。

私は、週末の朝にちょっと時間をもらって、カフェにひとりで朝食を食べにいくことがあります。

そして、ゆっくりご飯をたべたあとに食後のコーヒーを飲みながら、現在の自分の「綺麗」について考えたりします。(もちろん、ほかのこと考える日も)

現在の自分のメイク、ファッション、普段のスキンケア、などについて、

  • 何か足りない気持ちのところはないか?
  • もっと綺麗になれるポイントがあるのでは?
  • 綺麗のために、もっと生活に余裕をもたせる工夫

そんなことについて、簡単にメモ書きしてその解決策をあげたりと、ひとりミーティング

複雑なものじゃなくて、簡単に。

でも、そのひとりミーティングをすることで、もやもやしていたものが見えてきて、すっきりするんですよね。

そして、具体的な解決策がでたら、まあ、できるときに頑張ろっか、てゆるい感じで、前向きになれる。

こうやって、ちょっと立ち止まって自分を冷静に振り返る時間って、綺麗でいるためにも、ひとりの人間として余裕のある生活を送るためにも、ささやかだけど大事な時間なんじゃないかな、と思います。

シェアする