誰でもなれる!【雰囲気美人に変身する、3つの具体的方法】

最終更新日

雰囲気美人とは?

顔立ちこそ普通だったりするけれど、なぜか周囲から「美人」カテゴリに属するひとっていますよね。

クラスにも職場にも、かならず一人はそういう女性がいて、男性からはミステリアスだなんだ、と本物美人に負けず劣らず人気がある、ちょっと羨ましい存在。

芸能人で言えば

  • 田中裕子さん(ジュリーの奥様)
  • 木村多江さん(まあ、普通に美人ですけど)
  • 秋元梢さん
  • りょうさん
  • 蒼井優さん

あたりが、「王道の雰囲気美人」かなと個人的に思っています。

総じてみなさん、実力派であり、男性によくモテるイメージ。

そういうひとって、普通のひとと、一体なにが違うんでしょ?

雰囲気美人はなぜモテる?

雰囲気美人の一番の特徴って、ひとを惹きつけることだと思います。

雰囲気美人がなぜモテるかと言うと、やはり、本物の美人よりもオリジナリティがあるから、だと思います。

画一的な市販の綺麗な花瓶より、希少性の高い「なんだか綺麗っぽい」花瓶のほうが、ひとって惹きつけられるもの。

本物の美人より、むしろミステリアス、手が届きそうで届かない、独特の雰囲気に、ピンポイントでやられる男性多数(笑)。

そんな雰囲気美人てずるい!

と思いますが、大丈夫、誰でも雰囲気美人になれます。

雰囲気美人の「特徴」さえ理解すれば、雰囲気美人になることは可能です。

雰囲気美人になるには?

雰囲気美人が必ず持つ「特徴」

雰囲気美人が持っていて、フツーの女子が持っていないもの、なーんだ?

このなぞなぞ、答えられますか?

でも、なんとなく上記↑のメンツを見ると答えがわかるような。

そう。

唯一無我の個性をもち、それを自覚し、磨き抜いている

これに尽きると思います。

あと基本的に、細いね、みんな(笑)。

やっぱり、雰囲気美人に必須のミステリアスさって、華奢から生まれるのかな。ぽっちゃりだと、ちょっとミステリアス半減な気もします(笑)。

唯一無我の個性って?

むずかしいですよね。

いままで普通に生きてきた子が、唯一無我の個性をひねり出すにはどうすればいいの?

  • ベリーショート?
  • とつぜん無表情になる?(平手友梨奈ちゃん系)
  • 俳句とか読む?
  • 真っ赤な口紅つける?
  • スケボー始める?

ふざけた案しか思い浮かびません

でも「これを続けてれば、たぶん雰囲気が出てくる」と個人的に思っている基本的な取り組みがあります。

それはきわめて地道なことですが、

「モード誌を定期的に読む」

「美術館へ行くこと」

です。

雰囲気美人が持つ、研ぎ澄まされた美的感覚に学ぶ

雰囲気美人って、普通のひととは違う、独特のオーラを放ってます。

だから顔立ちこそ「普通」でも、「おっ」と世の人々の目を引く。

「わたしには、わたしの価値観、美意識がある」

という気概。雰囲気。

それが、どんな控えめな雰囲気美人も必ず持っている特徴。

そんな美的感覚を磨くのって、付け焼き刃的に外見を磨くことよりも、じっくりと「インプットすること」だと思うんです。

研ぎ澄まされた美のエッセンスや価値観を、「情報」として受け取って、肥やしにすること。まずはそこから。

でも、どっから美のエッセンスとやらをもらってくるのよ?

ということで、先にも述べたように

いちばんおすすめなのが、美術館

もうちょい手近なら、モード誌

VOGUEハーパースバザーが個人的におすすめ。ELLEやSPURは、それよりもう少し読みやすい分、研ぎ澄まされ度は減る気がする。どうせ読むなら、よりとんがったほう読みましょ)

モード誌は、ずっと読んでると分厚くて(ブランド広告多いし)肩こるし、正直疲れます

でも、月に1回程度で良いので、ぱらぱら と流し読みしましょう。

  • 一流のブランドのドレスを着たスーパーモデル
  • やたらクリエイティブな外国人の暮らしぶり
  • アートや映画のとんがった紹介記事

などに触れると、普段見ているテレビや、ネット、主婦雑誌とは違う世界の風を感じられて、自分の世界がすっと開かれた気がしてくるんです。不思議と。

そしてそういう時間は、自分がどんな美的感覚を大事にしているか、純粋に考えるチャンスをくれる。

本当に好きなものは何なのか。

本当にこだわりたいことは何なのか。

非日常なモード誌を読むことで、ふっと、そのイメージが降りてくるんです。

美術館でも同じことが言えます。生で本物の美術品を見る美術館のほうが、おそらく脳内インパクトは強いです。

それを積み重ねれば、絶対に、目に見えるかたちで結果が出てきます。

それは、プチプラのサンダル一個買うよりもずっと、あなたにとって将来的に価値のあること。

一流のものがこの世に存在することを知り(買うのはなかなか大変だから)、そのうえで、自分の好きなもの、美しいと思うもの、について考えを深めていく。

その繰り返しによって、自然と、自分が身の回りにおくものや、身につけるものの雰囲気が変わってくる。

そういった視点から自分の美について見つめ直すと、「雰囲気美人」の真髄、そして「なにを磨くべきか」が鮮明にわかってくる。

それが、雰囲気美人になる一歩。

難しいような、簡単なような感じですが、ぜひ騙されたと思って月に1回、モード誌読むか、美術館に足を運んでみてください。

3ヶ月後には、あなたの雰囲気が、変わってくるはずです。

二面性、意外性を意識する

雰囲気美人になる上で、もう一つ大事な特徴。

それは「二面性、意外性がある」ということ。

これも、雰囲気美人が必ず持っている特徴。

とにかく「ミステリアス」なんですよ、雰囲気美人って。

これは、初心者はまず「相反するものをセットにする」ことを意識すればOK。

たとえば

  • 大人しそうに見えて、麻雀好き
  • カジュアルな格好だけど、ペディキュアがとても綺麗
  • シンプルな格好だけど、アイメイクは繊細かつしっかりしている

こんな風に、とにかく相反するものをセットして、自分がしっくりくるものを探してみてください。みんな、2つか3つはそういう「相反するもの」を持っているはず。それを自覚し、ぜひ雰囲気美人作りに生かしましょう。

あと、これは二面性ではないけど

「すっぴんぽいのに、肌がすごく綺麗」

これは、雰囲気美人になるために、ぜひ押さえておきたいテクニック。

✴︎すっぴんぽいのに、肌が綺麗に見える一番効果的な方法は、ミネラルファンデを仕込むことだと経験的に思います。

私が愛用しているETOVOSのミネラルファンデは、かなり軽くてすっぴん風なのに、ぬかりなく自然なツヤを出して毛穴を消すので、「雰囲気美人作り」にもってこい(笑)。

(今ならスターターキットが初回限定68%offの1800円→公式サイトミネラルファンデーション スターターキット

まとめ:雰囲気美人は誰でもなれる

「雰囲気美人」になるって、なんだかハードル高そうだし、天性の資質がものをいう感じがしそうですが

雰囲気美人の特徴を理解し、コツさえつかめば、誰もが「雰囲気美人」になれる可能性を秘めています。

自分の「好き」、「価値観」をはっきり打ち出す姿勢

相反する自分の魅力を意識すること

それは、雰囲気美人になるだけでなく、大人の女性として凛と生きていくためにきっと役にたつはず。

まずは、テクニック的なことよりも、ハートを大事にして、自分の魅力を自ら見つけて、磨きあげることを大事にしていきたいですね。

そうすれば、自ずと「雰囲気美人」なオーラが醸し出されいくはずです。

シェアする