ママ友はいなくていい。ミニマリストママのママ友付き合いって?

最終更新日

ママ友って、いなくて良いと思うんですよね。

そう思っているうちに、赤ちゃん期、保育園期(幼稚園期もあり)、小学校、と子供はあっというまに育っちゃいました。

幼稚園に一時期子供を通わせていたときは、「ママ友欲しいな」と思ったり、実際にママ友ができてそのありがたみを感じたりもしました。

けれども紆余曲折(といっても、別にドロドロした事件があったわけではないんですが)を経て、「ママ友という存在はありがたいけれど、決して依存するべき対象ではない。ある程度の距離を保ちたいな」というのが最終的な結論でした。

やっぱりね、あくまで子供というものを通しての関係である相手と、ずぶずぶな関係になるのは一長一短かなと思ったんですよね。

距離が近くなる程、お互いが見えて来て、信頼とともに不満も必ず生まれる。

また、ママ友との頻繁な交流は、そもそもの「自分の時間」や「自分と子供だけの時間」を削る結果になったり、ママ友にペース合わせたりと、どこかしら「自分と子供」を犠牲にすることも増えていきます。もちろん、それ以上に素晴らしい経験ができたりもするんですけどね(だから一長一短)。

ママ友との交流の時間を純粋に楽しめる人なら、ママ友交流は素晴らしい場だと思います。

でも、私はママ友との会話に気疲れしちゃったり、自分の育児のコア部分を逆に見失ったり(流されやすい自分の弱さです)することがままあって、いろいろ悩んだ末に

「自分の時間を大事にしたい。同時に、自分と自分の子供を中心にした生活をしていきたい。それを最優先にしたい」と自分の価値観をはっきりさせ、それ以降は無理のない範囲(あたらずさわらず)でママ友付き合いをするようにしました。

そうすると、自分の美容にかける時間が生まれたり、ママ友グループの雰囲気に合わせた服のチョイスをしなくてよくなったり、子供との一対一の遊びに全力を傾けられるようになったり、より自分と自分の子供との生活のなかで「やりたいこと」を濃密にさせていくことができました。

ときどき、ママ友同士が仲良く遠出したりしているのを見ると、「うらやましいな」「さみいしいな」という感情が生まれることもなきにしはあらずでしたが、それは自分が選んで出した結論。当然、そういうさみしさも感じることがあることを承知で出した「ママ友とは濃密に関わらない」という結論だったので、受け入れることができました。

もともとミニマリストの思考をもっていたので、「必要ないと思うものは必要ない」という考えのもと、それほどじたばたせずに「ママ友いない」生活にするりと溶け込めた気がします。

ただ、一方的に感じが悪いようにはしたくなかったので、いつでもニコニコ、でも近過ぎず、PTA関係のお手伝いはしっかりする、人としての思いやりをもって接する、ということは心がけていました。そのお陰か、特に問題なく、一番濃密と言われる幼稚園ママ生活を終えることができました。

とにかく、これからママ友付き合いが始まるひとに向けて言いたいことは、

「ママ友付き合いは決して無理しない。それとズブズブな関係はあまりおすすめしない。淡い付き合いでもそれなりに、どうにかなるよ」

ということですね。

シェアする