【しつこい大人ニキビ】シンプルスキンケアを腹を括って続けた結果

最終更新日

大人ニキビが長年治らず暗闇の中にいた20代

「思春期のニキビはニキビだけど、大人のニキビは吹き出物って言うんだよ!」

と若い頃はふざけて言っていたけれど、20代になってから、かなり本格的な大人ニキビに悩まされ、出口の見えないトンネルの暗闇の中にいた時期があります。

あの頃は、ずっと下を向いて暗い顔をしていました。

主なニキビポイントは、顎と、頰(やや外側寄り)。

典型的な「大人ニキビ」のできる場所。

一度治っても、すぐに再びできる。。これが、もっとも心が折れます。

ニキビができすぎて、頰に赤いアザがあると間違えられたことも。

コンシーラーで隠すのも限界、厚塗りすることでさらに悪化する肌。

ああ、一体、いつ治るんだろう。。。

いつまで隠し続けるんだろう。

もう一生このままなのか。。。

皮膚の悩みって、絶えず人目に晒される部位だから、なかなか良くならないと本当に辛くて、気持ちが暗くなります。

人に会いたくなくて、どんどん消極的になっていきました。

そんな私が、試行錯誤した末に、「本気で治そう」と腹を括り、地道に大人ニキビを克服した方法。

最初に言っておくと、

速攻良くなる!これさえ使えば間違いない!

という話ではありません。

シンプルだけれど、時間がかかります。

当たり前といえば当たり前のことを、ただ着実にするだけ。

どこかで悩んでいる誰かのお役に立てばいいな。とここに記録しておきます。

忙しくてスキンケアをしなかった時期、大人ニキビが出現

もともと私は、ニキビはあまりできない体質でした。

それが25歳の頃。仕事の部署が変わり、すごく忙しい生活に変化。

朝も夜もずっと疲れていて、スキンケアまで手が回らなくて、ほとんどスキンケアをしていない状態になりました。

水でバシャバシャ洗顔後、サンプルが何かでもらった乳液をほんの3滴くらい、顔に広げて終了。(化粧水も省く)

信じられないほど雑なスキンケアでした。

そしてその上から、ガッツリ重たいメイク

もともと、肌が強い自負があり、

「肌が丈夫だから、化粧水とか乳液とかつけなくても平気」

と根拠のない自信を持っていました。

睡眠とか食生活とかもめちゃくちゃ。

  • 保湿の足りない肌
  • 環境ストレス
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱

などが複合的に絡み合い、結果として大人ニキビとなって肌に表出したのだと思います。

大人ニキビ対策。試せるものは全て試した

まず、私がニキビになって最初にしたこと。

皮膚科を受診

  • 抗菌薬の入ったクリーム(アクアチムクリーム)
  • ミノマイシン(内服の抗生剤)
  • ビタミンB2B6(フラビタン錠、ピドキサール錠)
  • ビタミンC(シナール錠)

を処方されました。皮膚科でニキビの診断の時に出される、オーソドックスな処方です。

全部しっかり使いました。

特に、アクアチムクリーム(抗菌クリーム)は、朝と夜の洗顔後にしっかりと。

実は思春期の時期もアクアチムクリームを使ってニキビを治した経験があり、この軟膏をとても信頼していました。

しかし、今回は、どれだけ処方薬をしっかり使っても、全然治らない。。。よくなる気配すらない。

他の方法も試したい、と皮膚科の先生に泣きつき

  • ニキビの患部の上にボチシート(亜鉛華軟膏(消炎剤)を塗ったガーゼ)を塗る
  • イオンカンフルローション(大人ニキビには効かないよ、と先生に言われた。やっぱり効かなかった)
  • 漢方も。十味排毒湯、ヨクイニンなど。
  • 抗生物質も、ミノマイシンが効かなかったらクラリスロマイシンにしたり。。

次第に、なんとなく

「薬より、もっと生活の根本的な部分から変えないといけないんじゃないか」

思うようになりました。

皮膚疾患って、ニキビに限らず、薬で良くならない場合にはやはり

「根本的な生活習慣を変える」

ことへ思い至りますよね。

長い目で見ると、それは正しかった気がします。

薬に見切りをつけてから

次に私が大人ニキビ撲滅のために試行錯誤したものは、以下の通り。

  • ちょうど上京して1年経過した頃。水道水がまずい!東京の水のせいでは?と思い、洗顔水から炊飯のお水、味噌汁までミネラルウォーターを使用
  • スキンケアの洗顔剤はピーリング成分の入ったもの、化粧水もニキビケア製品を熱心に使い出す
  • 薬はやめ、ビタミンB2とB6のみサプリメントで服用継続
  • 自炊。睡眠も気をつける。

それでもなかなかよくならず、新しいニキビができると、本当に落ち込みました。。

先の見えないトンネルにいるようで、毎日くすんだ気持ちでいたことを今でも覚えてます。

転機は、薬局でのアドバイス

解決策が見えず、それでも何かしないと!と必死だった時、ドラッグストアでピーリング剤入りの洗顔石鹸(ティーンの頃、皆さん使ったことあると思う)を購入しようとした時。

カウンターに持って行ったら、その売り場の美容部員のお姉さんが私の顔と商品をまじまじと見て、

「ニキビに悩んでるの?」

と訊いてきたんです。

「はい」

と答えたら、

「そのタイプのニキビでは、ピーリング剤入りは強すぎる。大人のニキビには、思春期用ニキビの製品じゃ強すぎる肌に優しいものを使って

と、別の洗顔石鹸を勧めてくれたんです。黒い石鹸でした。(名前忘れたけど、それほど高い商品じゃなかった)

それを、お姉さんのアドバイス通りによく泡だてて洗ってみたところ。

ニキビにもしみない。

今までにない優しい洗い上がり

「もっと肌に優しいものを使って」

というお姉さんのアドバイスが、印象に残りました。

大人ニキビのメカニズムは?

大人ニキビの基礎知識。大人ニキビの真相

上記に書いてあるように、

  • 思春期ニキビは、皮脂分泌な活発なことが原因で起こるアクネ菌の増殖
  • 大人ニキビは、ホルモンのバランスやストレス、乾燥、ターンオーバーの乱れなどの複合的な要因による角質肥大での毛穴のつまり

と、根本原因が全然違う

思春期ニキビと同じ対策のスキンケアを、大人ニキビの場合もしていたら、乾燥が進んで余計に悪化させる可能性が高い。

大人ニキビは、肌が乾燥やストレス、ホルモンなどの複合的な揺らぎにさらされているサイン。

まずは、優しくしてあげるこれが大前提。

たっぷり保湿して、極力刺激を与えない

(悪化したときには色々手をかけたくなるけど、それはただの刺激になってNGだと気づいた)

シンプルなスキンケア。大人ニキビ対策はこれだけ。

ピーリング入りの石鹸、思春期ニキビ用のさっぱり化粧水などは、それを機にスッパリやめました。

そして、低刺激タイプのニキビケア用のスキンケアラインを探しました。

洗顔は、NOVの固形石鹸

薬局お姉さんが勧めてくれた黒い石鹸でも良かったのですが、より明確に「肌に優しい」石鹸を探して、NOVの石鹸に行き着きました。

調剤薬局などで売っていますが、毎回買いに行くのが面倒なので通販で買うように。

スキンケアは、オルビスのクリアシリーズ

もともと、以前オルビスのアクアフォースを使っていたことがありました。

オルビスは実際に使って信頼感があったため、オルビスの大人ニキビのためのスキンケアライン「クリアシリーズ」を使ってみることに。

約19,400通の声から誕生した大人のニキビケア

正直、ここが転機だったと思っています。

とにかく心がけたのは。。。

途中で諦めないこと。

肌のターンオーバーは28日周期。

スキンケア対策をして、肌の状態が良くなろうと(内側で)していても、おそらく最初の28日間は、ほとんど手応えはでないだろう。

腹を括ったんです。

新たな大人ニキビも途中できるだろう。

でも、そこで慌てて別の対策をアレコレしたりせず、

シンプルで低刺激なスキンケアを信じて、どっしりと続けてみる。

そして、肌の状態の変化の兆しを感じる始めるのは、早くても1ヶ月以上かかるだろう、と。

じたばたせずに、シンプルスキンケアを続けました。

肌の変化を感じ始めた2ヶ月後

当初のもくろみ通り、やはり最初の1ヶ月は全然表面的には変化がありませんでした。

新しい大人ニキビも、やはりポツ、とできることもあって。

焦る気持ちも少しありましたが、でも、もう私にはこの道しかない(シンプルスキンケアを続けること)、と思って信じて、続けました。

2ヶ月くらい経過してからでしょうか。

じわじわ、とニキビが減っていったんです。

スキンケアのレシピはこう。

  1. ノブソープDをたっぷり泡だて、包み込むように洗顔する(こすらない)
  2. 化粧水(クリアローション)を手のひらに五百円玉大くらい取り、包み込むように肌につける。
  3. もう一度、化粧水を同じように二度付け
  4. クリアモイスチャーを五円玉大ほど出して、肌全体にそっと広げる。
  5. 両手で顔を包み込むようにして、浸透させる。

以上。

「治りますように、、いつも肌、ありがとう」

みたいなことを念じながら、ゆっくり丁寧に工程をふむのがコツといえばコツかと(笑)

ニキビだらけの肌を鏡で見るのは辛かったけど、とっても丁寧に肌を扱うようにしました。

個人的には、化粧水云々よりも(もちろんクリアシリーズは私の肌にあっていた確信はあるけど)、

「肌を慈しみ、手をかけてスキンケアをすること」

も効いたんじゃないかな。。と思っています。

この工程、シンプルだけれど、毎日きちんとやるのは、それなりに難しかったです。

いままで、いかにスピード命で、ぱぱっと肌の感触も確かめずに雑なスキンケアしていたか。。

大人ニキビのためにシンプルなスキンケアにしたことで、逆に今までのスキンケアの雑さを、振り返るきっかけになりました。

シンプルスキンケアを、くさらず続けることに尽きる

大人ニキビ対策のコスメやサプリ、美容液は世の中にたくさんあります。

でも、とにかく一番大事なことは

  • 「肌に対して刺激の少ないもの」を、「丁寧に心を込めて使う」こと。
  • 地道に続けること。

が、大人のニキビ肌を改善させていくために一番重要、と経験から感じています。

スキンケアの意識を変えて

(✖️ガツガツ皮脂を落としたり薬用のものを使う→◯低刺激のスキンケア製品で丁寧に保湿し続ける)、

緩やかに緩やかに、時間はかかったけれど、確実に大人ニキビは改善していきました。

スキンケアは結果がすぐに出ないもの

ここで気をつけて欲しいのは、

肌は、どんなに正しいやり方をしていたとしても、すぐに結果が出ないということ。

肌はのターンオーバーは28日周期

どんなに正解なスキンケアも、結果が出始めるのは1ヶ月以上先

そう腹をくくり、あれもこれもせず、ただ地道に肌に優しいスキンケアを続けたことで、私はずっと悩まされ続けた大人ニキビを克服することができました。

そして現在まで、ずっとリバウンドしていません。

もちろん、人によって合う、合わないはあるので、これなら間違いない、絶対良いよ!と勧める気はありません。

ただ、大人ニキビに悩んでいる人は、消炎効果とかも大事だけど、まず、低刺激であることを前提に選んでほしい、と思います。

そして、丁寧にじっくりスキンケアをすること。

(個人的には、ヌルヌルするほどの高保湿から、普通、さっぱりまで色々試しましたが、大人ニキビ肌の時に一番しっくりきたのは普通タイプの保湿力でした。(オルビスのクリアローションはしっとりタイプを使いましたが、標準的な保湿力だった気がします))

今、ニキビで悩んでいる人へ

出口の見えない大人ニキビは、とてもつらいもの。

肌って、ターンオーバーの周期の関係で、結果がすぐには出づらい上に、何が効いているのかタイムラグがあるから分かりづらくて、ヤキモキしますよね。

でも、続けることで必ず光が差してくる、と信じて、地道に丁寧なスキンケアを続けて欲しいと思います。

何が自分に合うかは、とりあえず試してみないと誰にもわかりません。

ただ、少なくとも1ヶ月以上は続けないと、効果はわからないと思います。

(✴︎使い始めてすぐに赤みやかゆみが出る、不快感がある、というものは合わないのではすぐに中止を!)

最初は、サンプルやトライアルセットなどで「相性」を見てみると良いかもしれませんね。

私もNOVの石鹸もオルビスも、サンプルやトライアルキットで試してから本格的に使用しました。

皆さんの大人ニキビが、よくなりますように。

オルビスクリアシリーズのトライアルセットはコチラ

大人のニキビ肌用スキンケア

シェアする