40代の「美人」は「顔立ち」では決まらない。ジャッジされる重要な特徴はどこ?

最終更新日

スーパーで40代美人に遭遇。しかし、「顔は見ていない」

この前、スーパーでレジで精算して、買った野菜だのをエコバッグにホイホイと詰めていたとき。

私の視線をクギ付けにする、アラフォー美女が。。。!

その美しさに、目を奪われたんです。

と言っても、実は顔は見ていないんです。

ただ、頭の先から、つま先まで、完璧に「美人」。

その「美しいオーラ」がすごい。びんびん伝わってくる。。

なんとかお顔を覗きたい!

という衝動に駆られました。

が、そのアラフォー美人さん、麦わら帽子をかぶっていてお顔がよく見えない

でも、チラと帽子の下から見える、白い顎。スッキリした首筋。

「もうおおよそ、美人で間違いない」

と断定しました。

すごい美人オーラ出てたから。

「すごいな。この人。お顔が見えないのに、美人オーラがバンバン出てるって、一体どうゆうこと?」

圧倒されると同時に、すごく不思議でした。

帰り際、その美人さんは、子供のせ自転車(結構使い込まれた感じ)で颯爽と帰ってゆきました(外ではサングラスをかけ、さらにお顔は拝見できず)。

おそらく幼稚園もしくは小学生のお子さんがいらっしゃる40代(もしくは30代後半)ママだと推察されます。

圧倒的に美人に見えた理由

その美人ママが自転車で軽やかに去っていく姿を見届けながら、

「なぜあのママが、圧倒的に美人に見えたのだろう」

と、あらゆる角度から考察しました。

「美人オーラの出どころ」の謎を、解き明かす気持ちで。

その美人さんのいでたちをまとめます。

  • 色白
  • 茶髪のロングヘアを、ふんわり一つ結び
  • 深めの麦わら帽子
  • コットンのシャツワンピースをざっくり着て、薄手のスパッツ
  • ペタンコサンダル
  • 細身で姿勢が良い

これが美人ママを構成していたもの。

確かに、ざっと見ただけでも綺麗目な感じの印象ですが、同じ要素を持ったママは、たくさんいるはず。

なぜその美人ママは、ほかの人より圧倒的に美しく見えるのか?

そのポイントは、「細部」にありました。

  • 計算され尽くされた、オシャレな一つ結び
  • 細くてバランスの取れた着こなし
  • 圧倒的な色白さ
  • 爪の先まで、完璧にペディキュアが塗ってある、細部までの抜かりなさ
  • スーパーの買出しながら、帽子からサンダル、トートバッグまで、ナチュラルかつおしゃれ

以上が挙げられます。

↓ちなみに服装は、こんな感じ。

  コットンガウンシャツワンピース(Ur`s)

↓スパッツはこんな感じ。

(上品な淡いグレー。)

↓エコバッグはダーク系でシンプル。(こんな感じ↓。)

素敵な一つ結びは、こんな雰囲気。↓

 おしゃれな大人のひとつ結びをつくる、大切なコツを伝授 五選(web eclat より引用)

一見ラフに見えるけど、

  • ちゃんと艶がある
  • 毛先はさりげなく巻いてある
  • オイルかワックスなどのスタイリング剤もちゃんとつけている感じ

など、「細部に手をかけている」様子が、よくみると伝わってきます。

ボサボサの髪を何もつけずにひっつめただけでは、出せない美しさがありました。

ほんのちょっとしたことだけど、こういうところが「手を抜かない」習慣になっている人、ひとつひとつにきちんと手をかけている人は、やっぱり他の人とはひとあじ違う「美人」オーラを発しています。

美は細部に宿る。40代以降はその傾向に拍車がかかる時期

「美は細部に宿る」

そして、

「美はトータルバランス」

この両立だと、ひしひしと感じました。

どちらもピタッとハマって、「美人オーラ」は出来上がるのだと思います。

40代になると、

「きちんとケアできている人、できていない人」

の差が大きくなる時期

顔立ちは正直関係なくなってくる。

「どれだけ美人に仕上げられているか」が、40代以降は鍵を握っています。

トータルを、きちんと「仕上げられている人」は、顔を見ずとも、「美人」と認定される。

これが、40代の美人の真実だと思います。

「色々頑張っているけど、どうにも垢抜けない」

と思っているなら、

まずは、冷静に自分の全体像をチェックしてみることが重要。

  • きちんとサイズ感を把握していない服
  • 惰性で続けている髪型
  • 顔立ちを活かしていない古いメイク
  • 楽という理由だけで選んだ靴

そういうもの、ついつい、チョイスしていませんか?

40代の女性が、突然美人に変身することはない。積み重ねが大事

40代の女性が、突然美人に変身することは、残念ながらありません。

急に色白になったり、髪がツヤツヤになったり、スッキリしたボディになることがないように。

「ないものねだり」をして、結局「もうムリ」と早々に諦めてしまうのが、一番残念なパターン。

そうなる前に、まずは、

「イマイチな原因」になっている部分を洗い出す作業

そして

「どうやったらもっと良く見えるか」研究する

そういう機会を作って、コツコツと積み重ねるのが、40代からの美人を作る最短ルートだと感じてます。

美人な40代女性は、そういう「自分を知る」作業を、

きちんとコツコツ、抜かりなく行なっています。

「適当だよ?」と言いながらも、その「適当」のレベルが普通のひととは違うのです

でも、どっから手をつければ良いかわからない!

そんな人は、まず髪から見直してみると良いと思います。

洋服を変えるより、髪型を変えることの方が、イメチェン効果は高いので。

シェアする