冬服の「地味!垢抜けない!」脱却を目指す3つの秘訣

最終更新日

冬になると地味になる。なぜ?

冬になると悩むこと。

それは何を着ても、なんだか「地味になる」こと。

夏と比べると、冬は3割まし、垢抜けくなる(注:個人比)。

普通の格好しているつもりなのに、なぜ、こんなにも冬になると地味になるの。。

地味、垢抜けない原因を追求した

垢抜けない原因を、色々と考えてみました。

  • アウターの色が暗い
  • 全体的に肌を覆うため、抜け感が出ない
  • 厚着のため、体のラインがでない

ここらへん、かなり大きい。

でもね。

抜け感の基本中の基本、「三首出す」(くび、手首、足首)なんて、アラフォー主婦にはぜっったい無理ですから!

寒いから!

寒くてありえないから!

ムリしてアラフォーおばさんが、そんなもん真冬に出してたら、変だし!

そういうわけで三首出すのはムリなんですけど、原因については謙虚にそれぞれ対策していきたいと思います。

アウターの色が暗い問題

まずね、冬の日本、みんなみんな、暗いアウター着ています。

アウターは毎日使うから、なるべく汚れが目立たないものを。。

そう思うと、どうしても黒やグレー、ブラウンなどをチョイスしてしまいます。

それはもう、しょうがない。

暗い色を選択しても良いと思います。(偉そう)

ただし、

  • ぼんやりしていないデザイン(着膨れしない)
  • どこかに女性らしさや、オシャレ感がある(ファーとかついてたり)
  • どうせ暗い色ならカッコ良いのを選ぶのも有り

みたいに、暗い色を選ぶなら、色々と気をつけないといけないですね。。

抜け感が出ない問題

寒いからねー

肌なんて露出したくないしねー

と言って、何も考えずに全身を覆うような服を着ていると、もっさり垢抜けないという現実

背も人並み、体型も人並みのアラサー&アラフォー主婦、冬服で抜け感出さなかったら、その時点で「かなりオバさん感」出てしまう、という事実を、基本的現実として受け止めておきたい。

で、肝心の抜け感ですが。

  • Vネックニットで鎖骨見せ
  • ニットは少し腕をまくって手首くらいは出す(頑張れ!)

などが基本中の基本ですが、最近、もっと大事なことに、気づいたのですっ。

それは

「顔の表面を覆わない」こと。

ん???

えっと、もっとわかりやすくいうと、

「おでこ出したり、余計な髪をまとめたりして、顔まわりすっきりさせる。顔の肌色の面積を増やすこと」

これ、効果あります。

私、ちょうど前髪が現在、中途半端な長さなのですが、前髪をおろさずにセンターパートにしただけで、冬服を着たスタイルが、ぐっと垢抜けたんです。

 

覆う部分を少なくするのが、抜け感の基本。顔だけでも肌の表面積の露出を増やすと、それも抜け感につながるんだ!

もし、何を着てもモサっとする。。とお悩みのひとがいたら、ぜひ!!前髪を流すなりセンターパートするなりして、おでこの表面積大きくしてみて!変わるから!

(←おでこ出しにピアス(1290円税抜)!)

顔まわりの抜け感を広げるために、ピアスやイヤリングをつけるのもおすすめ

ちょっと派手かな?くらいのつけてみてください。

アラサー以降のピアスは、存在感あるのをつけることが大前提。

それだけで、シンプルな冬服も、2割は垢抜けて見えます。

ママに人気のつけっぱなしできるアクセサリー

(ちなみに、メイクは夏よりは濃い目で。色々なものに覆われるから、それくらいしないと顔が埋もれます。。(実際に痛感します、これ))

 

厚着でも、体のラインのシャープさをどこかで出す

厚着で全身モコモコでは、美人感や、垢抜け感を出すのは非常に難しい。残念ながら。。

なので、体のラインのシャープさを、必ずどこかで演出しましょう。別に、実際のボディがシャープじゃなくても良いんです。上手にね、演出すればいいの。。。

  • 上がボリューム感のあるダウンコートでも、下はスキニーパンツ
  • ヒールブーツで、冬服コーデを締める
  • シャープなピアスやイヤリングで目くらまし(ここでも重要)

上記のどれか1つでも、毎日の冬服コーデに取り入れるだけで、たぶん結構変わります。

 

そういう点でも裏ボアのスキニーパンツはありがたい。

【C-SEVENTEEN シーセブンティーン】 暖 モコモコ あったか スキニー CQ316W/冬素材/裏ボア/裏起毛/ストレッチ/楽ちん/C17/C-17

 

 

まとめ

冬服に関してはずっと、なんたって防寒命だよ!寒いからね!と思っていました。

でもその「何も考えない防寒命」を掲げているうちに、気づけば毎年似たような冬服ファッション。。なんだか地味だし冴えないなあ。。と悩んでました。

でも、ちょっとの工夫で、(防寒命を変えなくても)今よりずっと素敵な冬服コーデができる可能性、たくさんあるんですよね。

上手に防寒グッズを取り入れつつ、おしゃれポイントとして意識するところはしっかり意識して、メリハリつけて冬服コーデを楽しんでいきたいと思います!

 

ママに人気のつけっぱなしできるアクセサリー


シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする