「若く見える人」の共通点。見えてきた意外な真実とは…!

最終更新日

若く見える人って?

「あのひと、若く見えるね」「あのひとは、老けて見える」

年齢を重ねていくと、いやが応でもそういう話題が気になってくるもの。

私の周りでも、

ずっと若さをキープしている人もいれば、

年齢相応の人、

年齢以上に老けて見える人。。

ほんと、人それぞれ。

  • 年齢と見た目の差が、ほんの少しずつ個人差が出てくる30代
  • 若く見られる人でも、それなりに年齢サインが出始める40代
  • かなり「若見え」「老け見え」の個人差がはっきりしてくる50代

年齢を重ねるたびに、その差はどんどん開いていく印象。

そんな中でも、

いくつになってもずっと若さを保っていて、実年齢より若く見える

そんな人、周りにひとりは必ずいると思います。

どんなコツがあるの?

それとも生まれつき?骨格?

実は、相当努力してる?

色々な疑問が沸き起こります。。

しかも、「若く見える人」というのは様々な場面で、長い人生、得をすることが多い。

  • 周りに人が集まってくる(人好きされやすい)
  • ほめられることが比較的多く、プラスのオーラを放つ
  • ますます自信を持って若返っていく

「若く見える人」は、その雰囲気も相まって「プラスのループ」がうまく循環している人がとても多い。

私も、もし友人になるなら、

老けて疲れて見える人より、若く見えてプラスの雰囲気を持つ人のほうが、お近づきになりたいかな、、

とつい思っちゃいます。。

若く見える人の共通点

「若く見える人」

ということは、「実年齢的には、もう若くない」ということ。

つまり、若くない人が、若く見える。

この観点から、「若く見える人の共通点」を洗い出すと、見えてきた解があります。

若く見える人が必ず持っているもの。

それは、

「生命力」。

もう少し分かりやすく言うと、

「生き生きしている」

「前向き」

「現役感」

「よく笑う」

そしてもうひとつ、

「素直で品がある」

ということ。

あなたの周りの若く見える人も当てはまるのではないでしょうか。

いつもニコニコ、素直で前向きなオーラ、ありませんか?

登山家の三浦雄一郎さん、作家の瀬戸内寂聴さんなどが、それらの究極のモデルかなと思います。

お二人とも、

  • 「好きなことを徹底的に掘り下げるパワー(若者以上)」
  • 「飽くなき好奇心、子供のようなピュアな心」
  • 「にこやか」
  • 「人生かけて築いた品格」

が、びんびんあります。

そしてお二人とも、目がキラキラしています。

三浦雄一郎流「生きがい」健康術 デブでズボラがエベレストに登れた理由

命の限り、笑って生きたい(瀬戸内寂聴 瀬尾まなほ)

「若く見える」と、「幼稚」は違う

巷では「若見えテクニック」がファッション、メイク、ライフスタイル含めて様々な情報があります。

でも、

若く見える=幼い

と勘違いしている日本人は多い

幼く見えれば良い、と勘違いして、

せっかく年齢を重ねた魅力を無視した若作りな言動や格好、メイクなどをするのは、、、もってのほか!

加齢するものは、どうやったって加齢してゆく。それは自然の摂理です。

それを無理やり誤魔化すのは、誰がどう見たって不自然だし、「外見と内面のアンバランスさ」は、簡単に見抜かれ、「若作りしているのね」と思われても、決して「素敵ね」とは思われません。

(お世辞で、若く見えますね!と言われて真に受けて喜んではいけません!)

あくまで「若く見える」ポイントは「内面から滲み出る」もの。

「若く見える」ためには、内面で勝負すること。

そこを履き違えないのが、まず大事。

もちろん、外見も大事ですよ。

でも、メイクやファッションで「表面を取り繕う」という姿勢ではなく、

「内面にあるものをうまく引き出す」ためのファクターの一つとして、外見を整える

感じだと、うまく行きます。

自然体で、若く見えるコツ

コツ1:無理な若作りはしないけど、「老け見え」を徹底的に避ける

積極的に、肌や服やメイクや言動を若作りする必要はありません。

でも、「老けて見える」ファクターを取り除くだけで、人はナチュラルなまま、ぐっと若く見えるようになります。

とてもシンプルな心構えで大丈夫。

  • きちんと紫外線を予防する
  • くすんだ色の服を着ない
  • 寝不足はしない
  • 姿勢を正す

1円もかからないで、すぐ始められます!

コツ2:好奇心を、ひとさじ

若く見える人の共通点は、生命力を感じさせる人。

生命力というのは、「心の内からみなぎる好奇心」が元になっています。

大人になると、なんでも分かった気になって、色々なことに興味や感動することが、どうしても億劫になったり恥ずかしくなったりして、今ある世界からなかなか出られなくなってしまうことも。

もう一度、子供の頃のような好奇心を持って世の中を見てみるだけで、心の内側はめきめき若返るはず!

好奇心は、心のエネルギー。

刺激すればするほど、どんどん湧いてくるもの。

何にでも興味を持ち、前向きな気持ちでチャレンジするだけで、瞳の輝きが絶対変わってきます。

それは、どんな綺麗なカラコンを入れるより、どんな高級コスメでアイメイクするよりも、ずっとずっと、あなたの顔を生き生きと輝かせてくれるはず。

まずは、好奇心から!

コツ3:生命力を感じさせる工夫を!

生命力を感じさせるための、外見上の工夫について。

それは、シミやシワをレーザーで消すことでも、ブランドの服を着ることでもありません。

若く見えるための重要な外見ファクターは

ツヤ、血色感、笑顔。

これを意識するだけで、かなり変わってきます。

  • 肌や髪にツヤを与える(美容オイルが最適)
  • メイクは、粗を隠すのではなく、「透けるような血色感」をチークやリップで演出
  • 口角は、意識して上げる(年齢とともに下がってくる)

簡単なひと手間ですが、こういった、「ツヤと血色感と笑顔」を意識したケアをすることで、細かいメイクテクなど駆使せずとも、ぐっと若々しく見えます。

特に、笑顔の効果は絶大。

口角は下がるだけで、老けて見えるので。

常に軽く上げるくらいでちょうど良いです!

若見えのテコ入れ対策

なんだか最近、ぐっと老けた気がするんだけど。。

若さのテコ入れしたい、パワーアップしたい。。

そんな時のテコ入れテクニックとしては

  • かなり若い人と喋る
  • 未経験のかっこいいことに、チャレンジ(突飛なものであればあるほど良いです。スケートボードとかベースギターとか!)
  • ヒール、もしくはハイテクなスニーカーを履く

がおすすめ。

自分だけで充電できない部分は、自分に足りていないパワーを持っている人(モノ)からありがたくいただく!

年長者の知恵として覚えておいて損はないはず!(笑)

「素直」に「楽しく」を心がける

「若く見える」と聞くと、つい、

生まれつきの資質や、難しいテクニックが必要、、

と考えがちですが、決して難しく考える必要はないんです。

「若く見える」というのは、先にも述べたように、決して見かけの問題ではない。

もっと奥の深い、内面の問題なのです。

「生命力がみなぎっている状態」をめざせば、自然に人は「若く見える」。

実際、「若く見える人」の共通点は、

「イキイキ楽しみながら、人生を歩き続けていること」

でもあります。

何をやれば良いか分からない、という人はまず、

自分が毎日をご機嫌に過ごせる方法、生き生き過ごせるライフスタイル

に、これから、ほんの少しこだわってみてください。

毎日に楽しみを見つけ、好奇心のアンテナを張りながら生活していくと、不思議と笑顔は増えていく。

そこから徐々に、自分らしい「若見え」スタイルが見えてくるはず。

そのチャンスは、誰にでも平等にあります。

そして時間も、誰にでも平等。

年齢を重ねてゆくなかで、残りの人生、どうせなら若々しくハツラツと過ごしたほうが、きっと楽しいはず。

「若く見える」ことは、暮らしの質を豊かにしてくれることでもあるのです。

今からでも遅くはありません!

ぜひ若々しくいられる自分らしいライフスタイルを、楽しく作り上げていきましょう!

シェアする