40代の美肌。そのスキンケアに、「真実」あり。

最終更新日

40代の美肌は、20代の美肌とは違うのよ!

お肌の曲がり角は、28歳?31歳?

諸説ありますが、その時代をとっくに通り越し、現在40代へ突入した私の実感…

28歳も31歳もまだまだ全然曲がり角じゃないっ!

ようやく肌の衰えみたいなものを実感したのは、30代後半…もっと具体的に言うと、36,7歳くらい

なんというか、ヒューンと肌の水分が一気に飛んでしぼんでいく…という加齢感を感じました。

そんな加齢肌を、どうにかこうにかいなしながら(笑)、40代に突入していくわけですが…。

減っていく肌トラブル

40代に入ると、20代の頃に悩んでいた大人ニキビとか、皮脂くずれとか、そう類の皮膚トラブルからは解放されて、楽になる部分があります。

でも、20代の頃とは違う肌トラブルも…。

  • 乾燥(リアルに粉吹くやつ)
  • くすみ
  • たるみ
  • 肌全体が元気がなくなる

でも、40代だってまだまだ現役。どんどん綺麗になりたい年頃に決まってる(笑)。

で、ありとあらゆる「あがき」を、たくさんの時間とお金をかけて、たくさんしてきました。

そして、しみじみ思うこと。

20代の頃にめざす美肌と、40代でめざす美肌って違うんだな…ってこと。

20代の美肌と、40代の美肌はまったくの別物。

それを割り切りが、美肌へのスタートラインといっても過言ではない。

でも、そういうことって、美容雑誌にも書いてないし、誰も教えてくれない。(苦情でもくるの⁉︎)

もう若くないのに、若い頃と同じ美肌をめざすと、色々おかしなことになるんです。

栄養過多すぎて、変な吹き出物出たり、逆にしっとり感が継続しなかったり…。

自分でもしっくり来ないから、そこでどんどんムキになって、無理な方向に行ってしまったり。

40代での美肌をめざすには、40代らしいやり方がある、と気づいたことが、私の「美肌への道」のスタート地点でした。

40`s美肌への道

20代の美肌は、溌剌と健康的、つるんとまゆ玉のような肌だと思います。

生命力があって、トラブル知らずの肌。

20代の美肌の鍵は、トラブルをコントロールすることに尽きる。

保湿も大事だけど、それ以上に、過剰な皮脂を抑えたり、吹き出物が出ないよう油分を調節したり、コントロールが肝。

いっぽう、40代の美肌

40代以降で美肌の女性を、具体的にあげてみると…

私は、天海祐希さん、石田ゆり子さん、原田知世さんあたりが、とても綺麗な肌…とうっとり見てます。

(特に天海さん、テレビでアップになっても、ほぼ完璧な美肌。)

彼女たちに共通する雰囲気は、「透明感」。

年齢重ねると、もとの顔も大事だけど、それ以上に醸し出される雰囲気が美しさを左右する、と実感。

そんな美しき大人の女性たちの

肌表面からたちのぼるのは、「上質な透明感」

40代の美肌のヒントは…そこだ!と確信。

美白ケアは避けて通れない真実

「上質な透明感」のある肌。

漠然としたワードですが、ゆっくり紐解いていくと、

透明感=すけるような美しさ

白くて薄い和紙、みたいなイメージ。

40代になると過剰な皮脂分泌が減り、吹き出物や肌あれなど、肌が凸凹してしまうトラブル自体は減っていく。

普通に顔のお手入れをしていれば、表面は意外とつるりとした肌を維持しているアラフォー女性は多いのです。

なのに、なぜ、若い頃より綺麗に見えないの?

それは…、綺麗な和紙でも、茶色いにごりや、くすみがあると、透明感がなくなる、ということ。

加齢によってにごりやくすみが出てくると、透明感が出ず、美肌から遠のいていく。

つまり、あれこれ難しく考える前に、

肌全体のくすみやにごりを減らせば、一気に美肌へとステップアップする。

意外とこのポイントに気づかず、努力しているのに結果が出ない…と諦めてしまう40代女性の多いのは残念だし、もったいない!

40代は、肌トラブルが減っていく時期なのだし、シンプルに正しい美白ケアをすることで、美しい上質な肌を作ることができる時期なのです。

切実な美白ケア事情

私も最初は、さまざまな美白ケアを試して、くすみやにごりを消そうと試行錯誤しました。

美容皮膚科でレーザーでシミを取ったりなどといった美容外科的なもの、美顔器などもたくさん経験。

ただ、効果はあるものの、「元に戻る」経験も多くて…。

また、美容皮膚科は頻繁に行くところでもないし、美顔器も、忙しい40代のワーママは、毎晩じっくりケアできる時間もない

もっとシンプルに、そして確実に、透明感のある美肌になれる美白ケアはないの…?

巷には、プチプラから高級コスメまで、たくさんの美白アイテムがあって、結局どれが良いかわからず、迷いました。とっても

「少し意識高め」の美白ケア

毎日のスキンケアで、「自分に効く」美白ケアを続ける。

それこそが、「40代の透明感」を手に入れる、シンプルかつ確実な方法。

そう確信し、さまざまな美白スキンケアを片っ端から試しました

やればやっただけ、見えてくることはある。

その中で実感したことは、

安すぎる美白アイテム:効果がいまいち分かりにくい

高すぎるブランド:続けるのが難しい。強すぎる効果で肌ダメージがあることも。

ということ。むむ。

40代で、続けていく前提で美肌のためのスキンケアアイテムを選ぶのって、案外難しい…。

そんな試行錯誤の中で、

確実に結果が出て、値段も適正で続けやすい美白アイテムとして、

国産のドクターズコスメが一番しっくりきました。

国産のドクターズコスメ…タカミのスキンピールとかドクターケイとか色々ありますが、美白ならアンプルールがおすすめ。

科学的に的確なアプローチしながら、真摯に作られていて、「きちんと結果を出したい」「続けられる」美肌アイテムを求めるアラフォー女性に、ぴったりフィットしてくれる良質アイテムな気がします。

アンプルールのトライアル(ラグジュアリーホワイト トライアルキット)では、アンプルールの美白ラインのすべてが試せるので、その中から、これは!と思うアイテムを厳選して使って、結果を出すのもありかなと思います。

↑試したラグジュアリーホワイト トライアルキット

美肌への「時間」と「お金」

アラフォーになってから痛感するのは、

スキンケアの結果が出るのに結構時間がかかること!(涙)

結果が出ない!と焦って、スキンケアジプシーで美肌道を迷走中…(もしくはもう、諦める)みたいなアラフォー女性、多いです(悲)。

展望が見えないままケアするのって、しんどいですよね。

私が美白アイテム(アンプルール)を使い続けて、実際、あ、肌が前よりぐっと状態が綺麗になったなあ…と感じ始めるまでも、すぐではありませんでした。

結果から言うと、

  • 相性の良さを感じる:1日後
  • 自分だけ、変化を感じ始める:1〜2ヶ月後
  • 人が見ても変化に気づく:4ヶ月後
  • そこまでたどりつくのにかかる金額:1〜2万円前後

と実感。

そこまで自分に相性のよいケアを続け切ると、

肌の基礎力自体があがり、普段通りで十分な美肌をキープできる状態になる

と感じます。

そこまでは地道にただひたすら、相性の良さに賭けて、続けるのみ(笑)。

美肌になると、年齢を重ねるのが楽しみに

美白ジプシーの末、いまは肌の調子や季節、経済状況(笑)に合わせて、アイテムを使いわけていますが、美肌のテコ入れをしたいときには、迷わず美白ラインを投入しています。

そして、それなりに結果が出ていると実感しています。(え?自己評価高すぎ?)

スキンケアのルーティンができてからは、肌の調子がいつでも「ちょっと良い」感じをキープできています。

自己満足の世界かもしれないけど、

「美肌を維持できてるかも、私」

という満ち足りた、ちょっぴり自信がある気持ちって、すごく人生を前向きにしてくれます

シンプルに自分の肌を知り、相性の良いアイテムや、どういうケアをすれば結果が出るのか、を自分で理解していると、不思議と、スキンケアについて探求しよう、とどんどん楽しくなってきます。

合わせる洋服も、メイクも、自信を持って、楽しく自分らしさを追求できる。

年齢を重ねても美肌をあきらめずに追求するって、実は、これからの人生後半の色々な楽しさを見つけていく「原動力」になる気すらします。

自分だけの美しさを引き出してくれるスキンケアさえ見つかれば、確実に40代女性は美しくなる。

今は色々な高機能なアイテムが、そこまで高価じゃなくても手に入る時代。

とても恵まれた時代に、アラフォーになった!とありがたく思いましょう(笑)。

肌の力を信じて、自分を自分らしく美しく導くスキンケアを、楽しく見つけていきたいですね。

ラグジュアリーホワイト トライアルキット

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする