【コロナ】マスクをつけていたら、ほうれい線の…危機

最終更新日

コロナ太りならぬ、コロナほうれい線?

コロナに注意が必要になってからはや4ヶ月…。

あっという間だったような、長かったような…。

個人的には、長かったです。

外出自粛、本当に辛かったです。

もう二度とあんな思いはしたくない!と思っています。

そんな外出自粛の日々で、髪や肌のメンテナンスもなかなかやる気になれず、美容意識はダダ下がりの毎日でした。

髪は、最近美容院にいってようやくカットしてもらえて、かなりスッキリしましたが、何よりも、マスクを毎日つけ始めるようになってから、

ほうれい線がマズいことに!

以前と比べて、ほうれい線が、深く、なってる…?

口元全体が、ちょっと様子がおかしい。

緊張感がなくなっている。

口周り全体がひき締まらず、それにつられてほうれい線もだらっとなっている気が。

慌てて、パナソニックのリフティング用の美顔器を購入してみました。

(詳しくはまたレポします!)

これでなんとかほうれい線の劣化を食い止めたいけど、たぶんマスクつけてる間はなかなかこの劣化を食い止めるの、難しいんじゃないかな…と不安になります。

うーん。

マスクって、メイクもあまりしっかりしなくて良いから楽だけど、やっぱり楽ばかりしていると、ダメなのかもしれません。

例えるなら、楽だからとブラトップばかり着ていると、胸がたれて広がっていく、とか以前聞いたことがありました、それに似てるかも。

マスクばかりしていると、口元が緩みっぱなしになるのかも。

アラフォーの老けを決める要因のひとつは、ずばり口元。

まずは、このコロナ渦の日々も、マスクをつけながらも、口元の緊張感は大事にしていき、決して劣化させない意気込みで行きたいと思います!

シェアする