40代のカラコンは痛い?本音で検証する!【自然なのでもダメ?】

カラコンにはその昔、随分お世話になりました

若かりし頃、、、カラコンには随分お世話になりました

だって、本当に全然顔が変わるんだもん。手放せなかった。

ちょうど私が20代〜30代の頃、エビちゃんブームで、結構きつめのメイクが流行っていました。(最近のエビちゃんはナチュラルでお綺麗です。ま、もとがすごい美人だからね!)

その「エビちゃんメイク」とカラコンは相性が良くてねぇ。。

最初は、結婚式とかのイベントの時にちょっと盛るためにつけていたけど、そのうち普段のお出かけでもフツーにつけるようになっていきました。

ただ、もともと黒目をでっかくするサークルレンズよりも、すごくナチュラルに瞳の色素をごく薄く見せるカラコンの方が好みだったので、デカ目カラコンに手を出したことはありません。(着色直径は13mm台が一番自然で良いね)

どれだけ、「自然に、つけていないよう」に見せるか!日々研究し、命かけてました。

自然に見えるカラコンを追い求め続けたアラサーの日々。

そんな私がアラサーの頃に愛用していたカラコンは、

  • フレッシュルックデイリーズ(グリーン)…馴染みやすく、本当に瞳がうっすら自然に綺麗に見えた!美人度上がる、No.1。全てのカラー試しましたが、意外や意外、グリーンが一番馴染んで浮きませんでした。レンズも薄くてつけてる感がなくて一番のお気に入り。

  • SEED アイコフレ(ライトブラウン)…これも自然。瞳の色はほとんど変わらず。会社にもつけていけそう。どの色でも基本大丈夫ですが、私はライトブラウンが一番瞳に馴染んでお気に入りでした。


そのころはなかったけれど、もし当時あったら、多分これ絶対使ってた!と思ったのが、

梨花さんイメージモデルの、「envie」。クール。。ものすごく自然に、さりげなく憎〜く、盛れる感じがありそう。試してみたい。。

しかし、アラフォーになった現在、カラコンは、、

つらつら書きましたが、現在カラコンは使っていません!

何か大きなきっかけがあったわけじゃないけど、自然とカラコン生活から離れていった感じです。

アラフォーになり、若い頃と美の基準が変わった

カラコンから自然と離れていったのは、32〜33歳くらいの頃。(その年齢までカラコン使っていたというのも、賛否両論あるかもしれません、、)

ひとつひとつ、使わない小さな理由が積み重なっていった感じです

  • 目が乾く感じに長時間耐えられなくなってくる
  • 肌や髪の質感が緩やかに変わりつつあるなかで、瞳だけやたらキラキラしているのに違和感を感じるようになった
  • なんだかんだ、間近で見ればカラコンはバレる。「このひと、いい歳してカラコンしてる」と思われるのもなんだかちょっと。。
  • おばあちゃんになってまでカラコンつける気があるか?そのつもりがないのなら、いまが良い辞めどきかもしれない

などなど。

特に大きかったのは、

 

 

 

 

アラフォーは、カラコンに頼らず、「美」の技術と知識を鍛えるべき!かなり実践的な(ある意味攻めてる)本です。何をやればいいかが、よく分かります。

こんなことでよかったの?96のメイクテクニック 美しくなる判断がどんな時もできる

(長井かおり著)

シェアする