シミやそばかすを隠さないメイクのメリット。「発光するような輝き」を纏おう

最終更新日

「アラフォー」と「シミ」

シミが、アラフォー以降、増えてきています。

 

「あれ?こんなところにあったっけ?」

といううすーいシミから、

「あら、もうこんなに育っちゃったのね…」

という存在感のあるベテランシミまで。

 

鏡を見るたびちいさな悲鳴が響く日々!

ホルモン事情もあるし

アラフォーだし

…太陽の下、毎日ガンガン子供載せて自転車走っているし。。。

完璧なUVケアまでできない。手が回らない。。

でも。

このままは、やっぱまずいでしょ!

と皮膚科に駆け込んで、レーザー(アキュチップ)当てて、シミ取りしたこともあります。

レーザー当てると、びっくりするほど綺麗にシミが消えて、「おう!」と直後はめちゃくちゃ感動するんだけど、

半年経つと、なぜか同じ場所にシミが復活…。

(シミが消えにくい体質と言われた泣)

もっと強力な医療ケアすれば良いの?と思ったりもしたけど、

なんとなく「あ、もういいかな」と思ったのです。

 

それは、

諦める」

とか

「投げやりになる」

という意味ではなくて

 

「シミやシワはあって当たり前」

「年齢なりの、ナチュラルな綺麗と向き合いたい」

と思ったのです。

 

シミを隠さないメイクの時代

メークアップアーティストの友人に聞いたのですが、

最近は

「あえてシミやそばかす、シワは隠さない」

メイクが主流とのこと。

必死にコンシーラーで隠したり、もしくは美容医療で徹底ケアすると、

変に「年齢不詳」になったり、

むしろ「やぼったく」見えたり、

「不自然」に見えるから

最近のトレンドとしては、むしろ

「シミやソバカスはそのままで、より本人の良さを生かすメイクをするほうが、断然センス高い」

らしいです。

へえ〜。なるほど。

確かに「美魔女」って、隙がないほど綺麗ですごいですが、一方で「生活感」がないというか、アンナチュラルというか、

「最近のトレンドとは違う方向を向いている」感が、なきにしもあらず。

 

女性がめざす「綺麗」って、もちろん人それぞれだけど、

いまのこの時代

「ナチュラルな、その人なりの美しさがある」

ことが見直されています。

 

たとえばナチュラル派美人代表格の深津絵里さんって、色白の肌にそばかすがたくさんあって、それがなんだかめちゃくちゃチャーミングな女性ですよね。

ナチュラルで、ちゃんと、美しい。

(公式HPより)

真っ白な肌。

キラキラ光る瞳。

つややかな黒髪。

ビッグスマイル。

すべてが「キラキラ」しているんですよね。

 

それは、発光するような美しさ

ちょっとのシミやそばかすが、吹っ飛んでしまうくらいに、光り輝いている

 

深津さんレベルになろう!

なんて恐れ多すぎますが(汗)、

「大人の女性の美しさ」のモデルとして、とても参考になります。

シミは隠さず「発光するメイク」

深津さんは、そばかす(シミ)を隠さずに、発光するような美しさがある。

そんな発光オーラを目指したい。

「発光するアラフォー」を目指すとか…

なんのギャグですか?て感じですが、私は本気(キリッ)。

 

真剣に「発光」について考えました。

素敵な女性が発光している理由として、

  • キラキラした眼差し(常に好奇心に満ちている)
  • 豊かな表情(喜びや楽しみを素直に表す)

などはやはり、大きいです。

それらを演出するならば、

  • 血色感の良いチーク
  • 瞳が輝くアイメイク

をするのが手っ取り早い。

 

でも、「発光する美しさ」のある顔、を作る「最大の秘訣」

「肌の透明感」

です。

透明感の正体

「透明感」の正体って、なんだと思いますか?

基本的には、まず保湿⭐︎

角質層が潤いで満ちていると、肌の表面を光が綺麗に反射するため、透明感が出る。

だから、まずは肌の保湿をきちんと

ただ、これは保湿命の日本女性なら、きっとほぼ皆合格点なのでは?と思います。

 

それにプラスα、「大きな差」が生まれる「透明感の鍵」が2点あります。

1、薄づきのファンデ

薄づきのファンデで、肌を綺麗な「薄め」に整えること。

透明感を出すだめに、ベースメイクは大事。

 

でも「薄づき」って、年齢を重ねるほど難しくなっていくのです。

年齢を重ねるごとに、

今まで問題なく使えたリキッドファンデパウダーファンデが、(薄く塗っているにも関わらず!)

厚塗り感が出てきた

と感じること、ありませんか?

私はあります。

どうして〜と焦って調べたのですが、

加齢とともに微妙な肌質の変化(たるみや皮脂分泌量変化)により、

パウダーやリキッドの「薄づき感」が出にくくなるんです。

 

そんな果てに見つけたのが、ミネラルファンデ

ミネラルファンデって何?というと、

化学成分を使わずに、天然のミネラルを主成分としたファンデーションのこと。肌に刺激を与える添加物を含まないうえ、ミネラル成分には抗炎症作用もあるので、ダメージをいたわる効果も!コージー本舗HPより)

 

元は医療用として開発されたファンデで、

肌への優しさと、薄づきで綺麗な仕上がりに、

ナチュラル派に強い人気を誇るファンデ。

なんでかというと、ミネラルファンデは、細かい微粒子のミネラルが、肌表面をうすーくコーティングしてくれるから。

 

私の愛用しているETOVOSのミネラルファンデは、皮脂で変色しにくい精製度の高いマイカ(ミネラル)が入っていて、くすみにくく、一度仕上げた透明肌をキープしてくれます。

しかも「薄づき」なのに、「毛穴レス」。

(簡単なシミやそばかすは、ほぼ消失)

 

「透明感」を体現する救世主ファンデ。

と個人的に信頼してます。

(ちなみに、クレンジングは石鹸のみで落ちるナチュラルさ。)

 

公式サイト ミネラルファンデーション スターターキット

  • シミを自然にカバーしたい
  • 透明感のある肌に整えたい

そんな人にミネラルファンデはおすすめ。 

2、透明感の底上げ

土台である素肌の「透明感」を上げるために

保湿基本中の基本として、

加えて

「肌の明度を上げる」美白ケアに取り組むこと。

 

「なんだ美白ケアかぁ」と思いますか?

確かに美白ケアって、

効いてるか本人には分かりにくいものですが、

コツコツと正しく美白ケアを続けると、

肌の明度がワントーンあがり、抜け感のある肌に変わります

(本人より、むしろ周りが「なんか綺麗になってない?」と早く気づくことが多い)

 

「シミそばかすを消すため」というより、むしろ、

「シミそばかすの存在があっても、揺るがない、美しい肌作り」のために、

美白ケアは有効

 

シミなどのスポット的に固執せず

「肌全体の濁りをとる」ため、美白ケアを賢く利用すべき。

 

美白系アイテムは、プチプラから高いブランドまで、様々なものが売られていますが、

あまり安すぎず、高すぎないものがおすすめ。

(安すぎるのは効果が出るのが時間がかかるし、高すぎるのは続かない)。

 

できれば、美白の基本成分であるハイドロキノンが入っていて、かつ国産ブランドが、安全と効果のバランスが良い印象。

国産のドクターズコスメは、その点おすすめです

ブランド系よりコスパが良心的な上に、医学的にしっかりした設計だから。

美容界で評価の高い、アンプルール(国産ドクターズコスメ)のラグジュアリーホワイトは、

私自身トライアルキットで効果を感じ、美白ケアとして本格導入!

(肌に、すっきりした透明感が生まれました)

ラグジュアリーホワイト トライアルキット

各ブランド、美白系のトライアルキットは豊富なので、積極的に自分にあうものを試すと良いと思います。

特に、いままで美白ケアに本格的に取り組んでこなかった人ほど、美白ケアをすることで、雰囲気まるごと、綺麗になる人も多いですよ。

公式サイト→ラグジュアリーホワイト トライアルキット

発光するアラフォーになろう

アラフォーになるとついつい日頃のルーティーンに気を取られて、

スキンケアやベースメイクなど更新されず、

気づいたら現状維持すら精一杯になりがち

でも、「発光するアラフォーになる」と心に決めて、

スキンケアやメイクを根本から、そして、普段の表情、生き方までまっすぐ向き合ってみると、必ず何かが変わります。

シミ、そばかすを隠さないで、ナチュラルな美しさを大事にする。

でも、「ナチュラルな美しさ」を引き出すためにも、抑えるべきテクニックやコツが存在すること。

その「ひとさじの工夫」ができたとき、女性って、ぐんぐん美しくなる、と確信します。

これからさらに美しく歳を重ねていくために、「ひとさじの工夫」を見つめ直すことは、きっと大事。

いままでとまた違った綺麗な自分を見つけるのは、いくつになっても楽しいものですし、人生を前向きにさせてくれると信じます。

 

参考アイテム♡:

ミネラルファンデーション スターターキット ラグジュアリーホワイト トライアルキット

シェアする