【悲報】アラフォー、顔が少しずつ四角くなってきた⁉︎

最終更新日


あれ?顔が、、、

最近、ちょっと悲しいことに気がついてしまいました。

どうも髪型がしっくりこなくて、鏡で顔をじっと見てい担です。

髪質が変わったから?メイク変えたから?

とか色々考えたんですが、

「違う!これは、、顔のかたちが、、変わったんだ」

と気づいてしまったのです。

四角くなってきているんです。

以前は丸顔だったんですけど。

間違いなく、四角くなってきている。

これは、、加齢というものだろう、と痛感しました。

四角くなってきた顔の原因は、たるみ

言わずもがな、人の顔は重力には逆らえず、年齢を経るほど下へ垂れ下がっていきます。

肉が落ちれば、顔の形は丸から四角く変化していくのは当然と言えば当然。自然の摂理です。

どうしようかなあ、、

私はしばし考えました。

ある程度、加齢によってたるんで行くのは仕方ない

頑張ってアンチエイジングに命を燃やして、美容形成外科で糸使って引っ張ったりメス入れたり、とかガンガンするつもりは毛頭ない。

それなりに力を入れていくとすれば

  • たるみ予防やハリアップのために美顔器投入
  • たるみを阻止するための顔ヨガ
  • 余分な肉をつけないためのダイエット

とか、その辺りかな。。

なるべく、身近で地道なケアでやって行きたい、というのが私の美容信条でもあります。新たな美容グッズでも、

「楽しんで続けられるもの」限定で、探して行こうかなと思っています。(挑戦したらまたレポします)

ある程度の加齢変化は受け入れる。その上で、今の自分を最大限輝かせたい

たるみ予防ケアやアンチエイジングケアは、自分が楽しいと思えるものを取り入れて、地道にしていきたい。

ただ、それ以上に大切にしたいな、と思うのが

「ある程度の加齢変化は受け入れる。その上で今の自分を最大限輝かせる道を探す」

ということ。

  • 四角くなってきた顔(笑)に、似合う髪型を探す。
  • 四角くなってきた顔(笑)に、似合うファッションを探す。
  • 四角くなってきた顔(しつこい)に、似合うメイクをする。

そんな風に、うまく受け入れながら、上手に付き合っていきたいなと思うのです。

必死に四角いものを丸く戻すのではなく、(まあ、戻るならそれも嬉しいけど)、四角い自分の魅力(⁈)を高めていく。

これから、どんどん年齢を重ねて、生物学的な若さが徐々に消えて行くことに、さらにがっかりしたりショックを受けることもあると予想されます。

でも、そんな時に一番大事なのは、「元に戻す」ことに躍起になることではなく、「常に変化を受け入れて、自分なりに進化していく」ことだと思うのです。

私自身、それは未知の領域。

そんなわからないことは先達さんに聞け。です。

自分よりも年上の方の書いた美容本などを読んで参考にしていますが、いろいろな意見があって面白い。

  (赤い口紅があればいい 野宮真貴著

  (もう一度大人磨き 松本千登世著

年齢の重ね方も、十人十色、色々なカラーが出てくるものですよね。

ただ、大事なのは「何事も好奇心を持って、面白がる」姿勢かも。

私は、この「顔が四角くなってきた」ことを、ちょっと面白く思っています。

これからまた、知らなかった新しい服に出会えるかも。

これからまた、知らなかった新しいメイクに出会えるかも。

これからまた、新しい美顔器に出会えるかも(笑)。

そう思うと、何かワクワクしてきます。

やっぱり美容は、幾つになっても楽しまなくちゃ。ですね。

 

シェアする