ベタつかないハンドクリームが必須なアラフォー主婦です【手荒れの季節】

最終更新日


やってきました。手荒れのシーズン

秋も深まってきて、過ごしやすくなってきましたが、とうとう「手荒れのシーズン」も本番だな!と武者震いしています。

アラフォーになり、肌や髪や体のあちこちにエイジングのサインが出始めていますが、最も変化を痛感したのが「手荒れしやすくなった」事実。

主婦なら尚更。家にいる間はずっと、手を荒らすような仕事しかしていない!(笑)。

手荒れになる前段階で、手を打つことが大事

常々思います。手が荒れてからでは遅い、と。

荒れてしまうとね、元どおりになるまで時間がかかる、かかる。

元どおりになる時間も取れないまま家事をするから、結局春まで手荒れのまま過ごしてしまったり。

だからまずは乾燥のシーズンの最初で、たっぷりこまめなハンドケアで先手を打つことが、アラフォーは大事です。

主婦のハンドクリーム選びは、たくさんの条件がある

毎日何度も塗りなおすハンドクリームは、自分の相棒みたいなもの。

選ぶ際、「自分ルール」が誰しもあるんではないでしょうか?

ちなみに私は

  • こまめに塗り直したいので、なるべく安価で低刺激
  • 塗った後にべとつかない
  • 子供でも使える
  • 匂いがキツくない

などが、こだわりポイント。(多い?)

でも一番は、べとつかないこと。

塗った後にべとつくと、もうねー家事もやりにくい、パソコンも触りにくい、なにをやるにも能率が下がってしまいますから。

あとは、

  1. 頻繁使いのハンドクリーム
  2. 寝る前にじっくり使うハンドクリーム
  3. 気分を上げるためのハンドクリーム

と、実に3種類、気づいたら、使い分けてました。

べとつかないハンドクリームを常用。水洗い仕事もへっちゃら

日中、家事を頻繁にするときに愛用しているのは、

オルビスのハンドトリートメント。(税込 710円)

 

ベタつかず、荒れやすい手肌をしっかり保湿。
水、洗剤をはじくからキッチンでも使用できる
万能型ハンドクリーム

とHPで謳われているように、水を弾くので、家事をしていて水に触れても、こまめに塗りなおさなくて良いのは画期的。値段もそこまで高くないので、日中はこちらを重宝!

 

寝る前に使っているのは、ニベアの青缶

 (税込 395円)(amazon価格)

安い!そして、めちゃくちゃ保湿してくれます。

ただ日中はやはり、ベタベタしすぎて、日常生活に支障を来します(笑)

夜寝る前にたっぷり、朝イチでたっぷりと、「1日の始まりと終わり」にたっぷり塗るようにしています。顔や髪につけることも。子供にも気軽にどこでも使えるし、一つ持っておくといろいろ便利です。

 

ちなみに、手荒れがちょっと進んできたり、真冬の乾燥ピークの時期にはユースキン使ってます。これもしっかりベタつくし、ニベアよりさらに薬品ぽい匂いがある(これが効いてるう!て感じがして個人的には好きなんですが)ので、朝と夜のみ重点的使用。

 (税込 745円)(amazon価格)

 

気分を上げたいときには、ベタですけどやっぱりロクシタンかな。

 (3本セット 税込1728円) (amazonk価格。安い!)

ちょっとしたプレゼントでもらったりで、気づくと在庫があるロクシタン、ちょっとずつ自分へのご褒美でちびちび使おうと思います。

手首までしっかりハンドクリームを塗るのがアラフォーならではのこだわり

以上のように、かなり一般的なラインナップを使っています。そんな平凡な私のこだわりが

「とにかく、手首の見えているところまでしっかり塗る」

こと。

これを怠ると、手の甲と、手首から腕にかけてで、質感が違ってくるのがアラフォーならでは。

20代、30代の頃は気にならなかったんですけどねえ(笑)。

なにはともあれ、そろそろ乾燥の季節到来。

こまめにせっせとハンドクリームを塗るのって、ちょっと面倒く感じることもありますが、ちょっと一息ついたり、リフレッシュできる時間だったりもするので、基本的には好きです。

自分の手に意識を向けられる余裕、そういう時間を大事にできる余裕を、今年の秋冬は持って過ごしていきたいなと思います。

シェアする