【オルビスユー】40代はOK?使ってみたリアルな口コミ。

最終更新日

オルビスユーは40代にアリ?

オルビスって、ナチュラルだけど実力のあるスキンケアブランドで、落ち着いた(ギラギラしていない)雰囲気が、昔から好きです。

若い頃は、アクアフォースやクリアシリーズ、愛用してました♡

でも、30代入ってからは、乾燥肌に悩んでスキンケアに迷走しました。

何を使っても物足りなくて、ニベアのがってん塗りだとか肌断食とか、逆に高級ブランドの高級クリームに走ったり、とにかく両極端に色々試しまくりの時期で、オルビスから離れた時期もありました。

でも、結局は、

シンプルで基本的なスキンケアを誠実に続けるのが一番かも…

というのが、迷走に迷走を重ねた末の、結論でした。

シンプルなスキンケアに戻りたくなったとき、そうなるとやはり、オルビスが恋しい。

でも、この年代で、オルビス合うのなあ…オイルカットだしなあ…

というのが正直な気持ち。

エイジングラインとしてオルビスユーが颯爽と登場して、口コミでも高評価なのは雑誌てみたりして、知っていました。

「見た目年齢変わる」というオルビスユーの、どシンプルなフレーズも気になる。

オルビスユーは、年齢肌が気になり始めた30代に向けた商品らしいけど、コンセプトである

「自立した美しさを育んでいく、未来のエイジングケア」

というのは、40代の肌に漠然とした物足りなさ、もっとやれる感を感じている女性にも、十分通じるんじゃないか?

と感じ、トライアルを使ってみることに。

さっそくポチったところ、(夜にポチったのに)2日後には届きました。

ドキドキ…!

こちらです♡↓

期待どおりのシンプルな外観。

トライアルセット公式はこちら→オルビスユー

実際に使ってみた

オルビスユーは

「どうかな?良いのかな?使ってみたいけど、正直、失敗したくない」

と、化粧品を試すことに踏ん切りのつかないチキンな人のために、ちゃんとトライアルセットが用意されてます。

7日分の

  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 保湿液

それに抗菌今治ミニタオル、シワ改善美容液7回分。

文句ないラインナップです。

さっそく夜から、使用開始!

洗顔料

  • 白いフォーム状の洗顔料。

泡立ちも良くて、ふわふわした泡が優しく洗い上げます。

どういう人にピッタリかというと、「洗顔料の強さが苦手な人」。

40代の「潤いを逃したくない」切実な肌にも、優しいです。

無香料。ピリピリしない。

洗顔料は強いのが苦手だけど、これなら毎日使っても大丈夫そう。

化粧水

  • 「とろぱしゃ」なテクスチャー。

透明で、少しとろみあり。

使い方は、そのまま手のひらに適量(500円玉くらい?)とって、顔につけます。

適当につけても、スーッとうまい具合に馴染んでいくので、忙しいアラフォー女性の朝でも難なくつけられる、大丈夫(笑)。

使用感は、

べたつき過ぎず、保湿が足りない感じもせず。

まさに

肌に「ノンストレス」だなあ

という第一印象。

第一印象は、そういうわけでほのかに「良いなあ」くらいだったけど、

オルビルユーの凄さを強烈に感じたのは、むしろ、その後。

私、意外と神経質なところがあって(普段はガサツなんですが)、

化粧水のべた付きも、乾く感じも、どちらもすんごく苦手で、バランスの悪い化粧水使うと、日中ず〜っと

「ああ、なんか苦しい」

「肌に違和感がある(べた付き過ぎても、乾燥しても)」

ムズムズして落ち着かないタイプなんです。

オルビスユーは、そのストレスが皆無で。

おそらく相当研究して、この心地よいテクスチャーが生まれたのでは?

と感じました。

オルビスユーの真骨頂、洗顔料でも保湿液でもなく、この化粧水にある気がします。

最初は割と、シンプルに潤う感じで、そこまで潤いぐんぐん!という印象はないのです。

でも、時間が経っても潤いが肌の内部に、ちゃんとある。

肌の内側の、潤いパワーが落ちない。

これは、他の化粧水では感じたことのない感覚でした。

保湿液

保湿液は、化粧水をさらにこっくりした使い心地にして、「化粧水で潤った肌をキープさせる」感じ。

オルビスユーは、オイルカット。

以前は、一度

「オイルを使わないのはもう年齢的に無理だな」

と勝手に思って、オルビスから離れた時期がありました。

オルビスユーは、エイジング肌に向けて作られたものだけど、オイルカットは実際どうだろう。

さすがに40代の肌には難しいかな…

と思っていたけど、

実際に使ってみると、オイルフリーでも、潤いがしっかり満たされている実感あり

何よりも、柔らかく、ふっくらした肌が作れる。。

オルビスユー、40代でも全然いける!

保湿液まで使ってようやく、もともと疑い深いタイプの私でも、

「オルビスユーはアラフォーでも大丈夫、むしろ断然すすめたい」

と確信。

ユー 保湿×化粧水

オルビスユーは「保湿力が高い」だけじゃない

オルビスユーの使い心地。一言で言うと、

「シンプルに、肌の奥までずっと潤う」

つけ心地は、派手じゃない。シンプルで、みずみずしい。高級クリームみたいなこってり感は一切なし。

なのに、ずっと、外部環境にさらされる日中から夜まで、肌がちゃんと満たされている

シンプルなのに、ずっと肌の内側まで潤っている感じ」が、いままでの化粧品では感じたことのない新しい感じでした。

アットコスメで化粧水部門グランプリとか、美的でベストコスメに選ばれたとか、輝かしい経歴がオルビスユーにあることは知っていたけれど、

オルビスユーのコンセプトを改めて見たら(←使ってから確認するタイプ)。

やっぱり、肌の内側に特化してオルビスユーは確実に働きかけてました。

年齢を重ね、肌枯れを起こしやすく、どんな化粧品も効きにくくなる、そんな年齢肌に対し、

肌内部の水分の通り道をスムーズにして、水のめぐりの停滞をなくし、肌の内から潤いを満たす方向に、アプローチしている成分(キーポリンブースターというそう)

が入っている。

その説明を読んで、

まさしくそんな感じ!肌の内側から水が満ちている!

と納得。

だから、時間が経っても、潤いが崩れない。

そこがオルビスユーの強みだと、はっきり感じました。

その場しのぎじゃなくて、つけてからずっと、肌の潤いが満ち続けていく。

(最初は不思議な感じでした)

オルビスユーの原理を理解して、すごく納得したし、

乾燥やエイジングをリアルに感じ始める40代にとって、

一番欲しいのはこういうアプローチの潤いなんだよね!

と切実に思いました。

オルビスユーをすすめたいのは?

40代でオルビスユーは年齢的にOKなの?

とモジモジしていた私ですが、40代の私のいまのニーズにとてもぴったり合っているアイテム、全然あり!

と感じました。

むしろ、こってりした高級クリームなどよりも、シンプルな使い心地のオルビスユーのほうが、ストレスがない。

コスパも良いし、なにより肌がナチュラルに整って、毎日心地よくご機嫌に過ごせる。

オルビスユーの口コミをみると、30代がメインだけど、やはり40代以降の女性の高評価も多いし、逆に20代での支持者も結構いる。

抜粋すると

とろみ系の感触がとても心地よい。べたつかず、素早く浸透し、もちもちのお肌になります。バシャバシャしなくても少量でしっかりうるおうのも魅力。(40代)

使用感がとても気持ちいい。
肌に分かりやすくハリが出ます。
(40代)

ゴワゴワの肌が、少しずつではありますが滑らかになるのをきちんと感じました。
どの化粧水も浸透しなかった肌に、すーっと入っていくのでびっくりです。とろっとしてるので警戒しましたが、肌にのせるとさらっとします。また、モイスチャーのテクスチャもプリっとしてるのにすーっと伸びて不思議です。
しばらくこちらを使い続けてみようと思います。
(30代)

思ったより、幅広い年齢の人が愛用しているみたい。

良いものはどの年代が使っても良いと思うのだろう、と感じました。

おすすめしたい人

オルビスユーをぜひおすすめしたタイプのひとはですね、年齢というよりも、

いまの肌の状態になんとなく納得がいっていなくて、

「本当は、もっと綺麗になれるポテンシャルがあると思っている」

そんな隠れ美容求道者のみなさんに、ぴったり!だと思います。

私自身、潤いに関しては、どの化粧品を使っても

「まあまあ。大きな不満はない。でも、もっと私に心地よいものがあるかも。もっと私が綺麗になれるものがあるかも」

と感じながら、日々過ごしていた気がします。

その

「なにか足りない」

「もっと綺麗になれるのに」

という欠けたピース(心にも、肌にも)を埋めてくれたのが、オルビスユーでした。

新しい化粧水を始めるのって、年齢を重ねるほど臆病になってしまう部分はありますが、始めることで、また新しい綺麗な自分に出会える可能性は無限大。

綺麗になるために、まずは肌につけるものから変えてみる。

そのちょっとしたひらめきが、新しい未来にあなたを連れていってくれるかも。

オルビスユー にはトライアルセットもあるので、肌年齢が気になるひとには、ぜひどんどんにチャレンジしてほしいな♡と思います。

980円のお得なトライアルセットの公式サイトこちら→オルビスユー

シェアする