【ちりめんじわ】ヒルドイドよりアルガンオイル を断然おすすめする本当の理由

ちりめんじわのベストケア

30代代も半ばになると、笑ったときに目尻にできるちりめんじわ、気になってきますよね。

私は目元の皮膚が薄いのか、30過ぎてすぐにちりめんじわ、気になり始めました。

笑うとおばあちゃん?みたいに見えるのが、ちょっとショックです(笑)。

ちりめんじわは、深いシワではないので、セルフケアでも十分対応できます。

基本はアイクリームなのですが、私、アイクリームがちょっと苦手で。

(べとっとして、朝には塗れないし、テクスチャーが苦手)

「ちりめんじわにはヒルドイドが良い」

ということで、ヒルドイド軟膏(ヘパリン類似物質)を使っていたこともありました。

ただ、ヒルドイドよりも、ちりめんじわに抜群に良い!と思ったのが、アルガンオイル。

アルガンオイル自体の成分に、シワなどのアンチエイジング作用があり、ちりめんじわなどの皮膚のくぼみをふっくらさせてくれる手応えを感じました。

(私が使ったアルガンオイル →メルヴィータ アルガンオイル

ヒルドイドとアルガンオイル の比較と、実際に使った感想について語りたいと思います。

ちりめんじわができる理由とケアの方法

ちりめんじわは、皮膚の浅い層にできる(目元、口元)シワで、

肌の角質層が水分を保持できなくなると、できやすくなります。

乾燥によりしぼんだ角質層によってキメが乱れ、萎縮してくぼんだりしてちりめんじわができるので、

角質層にしっかり潤いをキープすることが大事。

参考;小じわ・ちりめんじわの原因と改善方法(銀座肌クリニック)

深いシワとは違い、潤いをしっかり入れ込むことでケアできるので、

ちりめんじわが気になるなら、きちんとケアするほうが絶対に良いです

ヒルドイドは保湿効果の高さに定評があるので、

「ちりめんじわにすごく良い」と言われるゆえん。

確かにヒルドイド、塗るとしっとりしますよね。

ちりめんじわにも、もちろんいい感じです。

でも、もっと良い!すごい!

と感動したのがアルガンオイル 。

ヒルドイドができること

角質層に潤いを与えること。血行促進効果もあります。

医療用なので、保湿効果についてはかなり良いですね。

アルガンオイルができること

オイルなので、潤いをしっかり抱え込むことができる。

特にアルガンオイル は、肌の脂質を成分が似ていて、皮脂と同じ働きを期待できる。

アルガンオイル の美容成分(オレイン酸、リノール酸、ステロール)は肌にハリを与えたりキメを整える。

そのため、ちりめんじわの原因による角質層のくぼみ、キメの乱れに対応できる。

特にメルヴィータ アルガンオイル は100%自然由来の認証オーガニックオイルなので、アルガンオイル の美容成分が豊富に含まれているので、ちりめんじわケアにおすすめです。

オイルでエイジングケア

ちりめんじわの原因は、肌の表面の角質層が乾燥して萎縮し、キメが粗くなること。

なので、オイルで、潤いをしっかり抱え込み、さらにアルガンオイル由来の美容成分でハリを与え、キメを整えるふっくらさせるので、

ヒルドイドよりも、より一歩踏み込んだケアができます。

また、オイルは皮膚を保護する作用があるため、外部の刺激をクッションのように守り、

ちりめんじわのようなデリケートな部分を保護する目的としても適していますし、

化粧ノリもヒルドイドよりアルガンオイル のほうが良い感触です。

まとめると、

  • ちりめんじわは、角質層の保湿が大事
  • 角質層の乾燥によるくぼみや、キメの乱れをケアするのに、ヒルドイドよりアルガンオイル のほうが美容成分が入っていて優秀と言える
  • ヒルドイドで物足りない人はアルガンオイルを試してほしい

以上のように、

ちりめんじわをケアするために、保湿+アルファの美容成分を求めたいなら、

アルガンオイル を試してみると良いと思います。

美容オイルのアンチエイジング作用を、ぜひ体験してみてください。

おすすめのオーガニックブランド →メルヴィータ アルガンオイル

おすすめ