40代のロングヘアは痛い?まじめに検証

最終更新日

ロングヘア。40代。

べつにいくつになったって、好きなヘアスタイルして何が悪いの?て思いませんか?

思いますよ、ね!

ロングヘア、良いじゃない!女はやっぱロングヘアでしょう!

そう思います、よ。

でも。自分がいま「ロングヘアにする自信、あんの?やんの?ロングヘア」と見ず知らずのひとに詰問されたとしたら。。。。

「うーん、したいとは思ったりもするけど、うん、でもセミロングくらいが丁度良い感じもするしねえ、、(しどろもどろ)」

と、かぎりなくグレーな回答をすると思います。はい。

やっぱり、ロングヘアにする自信、なかったりします。

年を経るとなぜ、ロングヘアを敬遠しがちになるの?

アラフォーのみなさんなら、身をもって感じていることもあるかと思います。

ロングヘアを敬遠する理由。

  • 手入れをする暇がない
  • 洗ったあと乾かす時間もったいない
  • 長いと不潔に見えがち
  • まとまらず、うねって広がる
  • そもそも、ロングヘア流行ってない

などなど。

まあ、ケアに手をかけてられないんですよね。

40代らしい、年相応の綺麗なロングヘアならアリだとは思う

40代でも、ロングヘアにしたいよ!ねえ、無理なの?と問われれば、「決して無理だとは思わない」です。

ただし、20代の頃よりも、努力しなくてはいけないことがたくさんあることは事実だと思います。

たとえば、

後ろ姿だけやたら若くて、振り返ってびっくりされないようにすること

つまり、年相応のロングヘアを楽しみましょう、てことです。

お手本は、やっぱりVERYとかSTORYとかに出てくる上品なロングヘアの奥様。ああいう人を参考にするのが手っ取り早いです。

美容師さんにも、「若すぎないロングヘアで!」と注文すると、きっと思いを汲み取ってもらえると思います。

不潔なロングヘアにならないよう、ヘアケアを怠らないこと

悲しいかな、だんだん年齢を重ねると、髪の毛はパサつき、うねり、広がりが容赦なく出て来ます。

癖がありすぎるロングヘアは清潔感に欠けがちなので、ポイントでストレートパーマをかけたり、ストレートアイロンを丁寧にあてたり、とにかく手がかかることだけは覚悟しましょう。

洋服とのバランスに気をつけよう

なぜか、年齢を重ねると、ロングヘアなだけで普通の服を着ていてもバブリー臭が出てくるんですよね。

これが、「40代のロングヘアは痛い」とまことしやかにささやかれる大きな理由のひとつかと。

だからといって、Tシャツにジーパン、ロングヘアというのも、浅野温子さんとか石原真理子さんとかを彷彿とさせるという。。

40代のロングヘアは、洋服とのバランスも難しいと心得ましょう。

結構、海外セレブのほうが綺麗なロングヘアの大人の女優さんが多い気がします。

彼女らに共通するのは

  • 「ほどよいモード感」
  • 「迫力」
  • 「意志の強さ」

ですね。

このファクター、どれも日本人女性はあまり得意じゃないかも。そういう意味でも、日本人のアラフォー、ロングヘアってやっぱりあまり相性が良くないのかな?と思ったりも。

それでも40代でロングヘアを目指す、その心意気は大事

つらつら書いてきましたが、40代でロングヘアを通すのは、やっぱり大変なんですよね。

なにが大変か要約すると、

  • ケアそのもの
  • 痛いと言われる可能性
  • 似合う洋服が少ない

など数多くの受難が待ち受けています。

でも、そんな難しい領域にあえて踏み込もうとするアラフォーの心意気は大事

たぶん、時代がまだ「アラフォーロングヘア」に追いついてないのだと思います。

これから「アラフォーロングヘア」の未開の地を切り開くロールモデルが出てくる可能性は、もちろん多いにあり。それはもしかしたら、あなたかもしれない。

個人的には、清潔にかっこよく、美しく、長い髪をなびかすアラフォー女性が登場してくれることを願ってやみません。

 

 

高いヘアケア製品はいくらでもあるけれど、ドラッグストアでいつでもお手頃に買えるこちらは本当に神アイテム。アラフォーの髪に軽すぎず重すぎず、つややかにまとまります。さすが資生堂!いつも頼りにしています。

 



シェアする