40代のロングヘアは痛い?を大まじめに検証

最終更新日

ロングヘア。40代。世間の目。

ロングヘアは女らしさの象徴。

いくつになっても、好きな憧れのヘアスタイルをしたい!

それの何が悪いの?

て、思いませんかー?

アラフォーの皆さん!

ロングヘアは素敵!

女はやっぱロングヘア!

異論はありません。

そう思います。

でも。

「ロングヘアにする自信、あるの?40代で!」

へえ、やるの?ロングヘア。40代で!」

詰問されたら。。。。

「うーん、したいとは思うけど」

まあセミロングくらいが…丁度良いかな」

と、グレーな回答を、私だったらするでしょう。。

はい。

やっぱりロングヘアにする自信、ないのです。

世間の目

アラフォーへの風当たり

もおおいに気になるところ。

ぶっちゃけ

「いい歳こいてロングヘア?痛い」

と言われる事態が、とても恐い。実際言われたら、傷つく。

やっぱり、40代のロングヘアって、痛いのでしょうか?

40代のロングヘアが敬遠される理由

アラフォーなら、おそらく身をもって感じていると思います。

ロングヘアが敬遠される理由。

  • 手入れの余裕なし
  • 乾かす時間が長い
  • 不潔に見える(若い頃と比べて)
  • うねって広がり、蛇女
  • 古臭い(バブル臭)

などなど。

なかでも切実なのは、

  • 手入れの余裕なし
  • 不潔に見える

ですかね。。

字に書くとなんとリアル。。

このあたりフォローがちゃんとできてないと、

「おばさんのロングヘア痛い」認定

を受けてしまうのが、

40代の辛いところです。ええ。

年相応の綺麗なロングヘアとは?

40代でも、どうしてもロングヘアにしたい!

という問いに対し、

「ねえ、無理なの?」

と問われれば

「決して無理だとは思わない」です。

実際、アラフォー、アラフィフでも綺麗なロングヘアの女性は実在します。

ただし。

「20代の頃よりずっと手入れを努力する覚悟」

「手を抜けば40代ロングはすぐに不潔っぽくなる」

「世間の目はいつだって厳しい」

ことは念頭にいれておいたほうが良いでしょう。

その努力ができるなら、年齢を重ねても、ロングヘアは問題ない!と思います。

髪だけ若いのはNG!

年相応のロングヘアを楽しむこと。

これ大事です。

若々しいロングヘアではなく、

エレガントなロングヘアを目指したほうが、まず間違いないです。

ミセスっぽくていやだって?

いや、あなた、もうれっきとしたミセス年代ですよ!?

理想も大事ですが、現実のバランス感覚はもっと大事です。

方向性を間違えると、40代はすぐに悲劇をみます。

やりたかったとしても、乃木坂46と同じテイストのロングヘアはやめましょう。

年齢を重ねたアラフォー肌+若々しすぎる髪の毛

これ、本人はご満悦でも

肌と髪との「年齢差」「テンションの違い」に、周囲はギョッとします。

そして、なんとも言えないモヤモヤ違和感を感じます。

  • ちぐはぐな雰囲気、この人信用できない
  • 若見え」に固執するあたり、闇を感じる

「残念な印象」を持たれてしまうリスクが。

お手本は、やっぱりVERYとかSTORYとかに出てくる上品なロングヘア。

ああいう人をまるっと参考にするのが、もう手っ取り早い!

美容師さんにも、

「若すぎないロングヘアで!」

「VERY風!」

と注文すれば、きっと思い汲み取ってもらえると思います。

アラフォーの星、タキマキさん。VERY(光文社)より

不潔なロングヘアにならないよう、ヘアケアを⭐︎

悲しいかな。

年齢を重ねると、どれだけ良い髪質の持ち主も、

  • パサつき
  • うねり
  • 広がり

という「オバ要素」が容赦なく現れます。

うねって広がるロングヘア。

他が完璧でも(高価な服、良いスタイルと顔)、

これだけで、決定的に残念になります。

「ロングヘアでも清潔感」を保つため

  • シャンプー、トリートメントを厳選(多少高くとも)
  • ストレートアイロン
  • 美容室にこまめにいく
  • スタイリング剤も妥協しない

とにかく、若い頃の1.5倍はお金も手もかかることだけは覚悟しましょう。

 

服とのバランス

年齢を重ねると、

ロングヘアなだけで、

普通の服を着ていてもバブリー臭が出てくる不思議。

これが

「40代のロングヘアは痛い」

と囁かれる大きな理由かと。。

だからといって、

Tシャツ+ジーパン、ロングヘア

という潔さも、浅野温子さんや石原真理子さんを彷彿とさせるという。。

40代のロングヘアは、手入れも難しいですが、

服とのバランスもまた難しい。

そこで、海外セレブのスタイルは、「綺麗なロングヘアの大人の女性」として参考になる例が多いです。

NEW YORK, NEW YORK – SEPTEMBER 11: Kate Bosworth at AOL Build on September 11, 2019 in New York City. (Photo by Gotham/GC Images)

彼女ら海外セレブのロングヘアスタイルに共通するのは

  • 「ほどよいモード感」
  • 「迫力」(ゴージャスさともいう)
  • 「強め」

このファクター、どれも日本人女性は、あまり得意じゃないですね。。

そういう意味でも、

日本人のアラフォー女性+ロングヘア

は、やっぱり相性良くない?と思ったりします。

でも、ひとつ言えること、それはアラフォー以降でロングヘアするなら、

質素な洋服は着るな!

ということ。

でも、

派手でもバブリー臭のする服は着るな!

ということ。

つまり、ほどよいモード感が大事なんですよね。

そういう意味でも、VERYに載っているような、ほどよいモード感のあるスタイルは、アラフォーロングヘア女性にはとても参考になると思います。

なんにせよ、ロングヘアは胆力がいります!!

お手入れで、決定的な差がつく40代

40代は、

髪のお手入れをしているか、していないか

の差が、本当に分かりやすく出てくるお年頃。

痛い、痛くないの分かれ目も結局、

ちゃんとお手入れしているか、いないか

の差だと思います。

具体的なヘアケア、というと

  • セルフトリートメント
  • スタイリング剤
  • 美容室でのスペシャルケア

などがぱっと思い浮かびますが、

正直、日々忙しい中で

面倒くさぃ…

そこまで手がまわらなぃ…

というのがリアルな本音。

ちょこまかと細かいケアしたり、ケア製品買ったり、美容室行き来したり、とか、もう、そういうのに全然手が回らないのが、40代。

そういう時は、

まるっといつものシャンプーやトリートメントを、「アンチエイジング向け」の「良質ケア」に変えちゃう

のが一番楽で手っ取り早いです。

年齢を重ねると、「付け足す」ケアより、

「守る」「修復する」ケアを大事にしたほうが、結果的に近道です。

というのも、アラフォー以降の髪は、自分が思っている以上に、

すでに長年ダメージを受けていて、

さらに、

ダメージに対して防御する機能が弱っている。

若い頃とは、見た目が同じに見えても、内情は違うのです。

アンチエイジング系のシャンプーはそのあたりをきちんとわかっていて、

  • 優しい洗浄成分
  • 髪の外部も内部も同時に修復
  • 浸透型の保湿成分

など、若者向けのシャンプーに比べ、

より「40代以降の髪」修復にこだわったものが多いのが最大の特徴。

普段のシャンプーを、アンチエイジング系に一新するだけで、「おっ」と違いを感じるはず。

私自身、30代後半に髪のうねりによる老け見えが気になり、

若い頃からの愛用シャンプー(○ョンマスターオーガニック)をやめ、

アンチエイジング系で評価の高いラサーナ プレミオール に変えてから、見違えるほど髪が変わりました!

なんでも良いので、自分に合うエイジング系シャンプーを、ひとつは押さえておくと、アラフォー以降、いざというとき心強いはず。

✳︎トライアルセットが今なら48%offで試せます♡

公式サイト→ラサーナ プレミオール

40代でロングヘアの「心意気」

つらつら書いてきましたが、

40代でロングヘアを貫き通すのは、やっぱり大変

です。

なにが大変かというと、

  • 若い頃より入念なケアををしないと保てない
  • 痛いと言われやすい
  • 服とのバランスが難しい

など。

でも、そんな難しい領域に、あえて踏み込もうとするアラフォーの心意気は大事

たぶん、時代がまだ「アラフォーロングヘア」に追いついてないだけなのです

これから「アラフォーロングヘア」の未開の地を切り開くロールモデルが出てくる可能性は多いにあります。

それはもしかしたら、あなたかもしれない。

強くかっこよく、美しく長い髪をなびかすアラフォー女性が、令和のこの時代にたくさん登場してくれることを願ってやみません。

公式サイト 「プレミオール」21日間スターターキット

シェアする