【節約美容】シンプルに、お金をかけず「綺麗」を実現。その秘訣を公開

最終更新日

アラフォー女性、美容にいくら使ってる?

以前、節約しながらおしゃれすることは可能か?という記事を書きました。

「美容」については、みなさん節約してますか?

美容代、平均いくら使ってる?

という記事を色々ネットで調べてみましたが、平均出すのは、ライフスタイル、生活背景もあるのでなかなか難しい感じです。

月々平均7645円!?女性の美容費を年代別に徹底調査!

体感的には(友人へのリサーチの結果)

  • フルタイム勤務のアラフォー:2〜3万円
  • 専業主婦のアラフォー:5000〜8000円

という感じですね。(あくまで平均)

そして私はというと。。

多分、月平均3000円〜5000円くらい。

意外と、倹約できている気がします。

どこで美容費を節約する?私の場合

手前味噌ですが、自分の美容費について振り返ってみました。

私のスキンケアは、「通年」と「スペシャル時期」の2パターンがありまして

  • 「通年」が、8ヶ月くらい(12ヶ月のうち)
  • 「スペシャル時期」が花粉症、真冬、真夏など季節の変わり目の4ヶ月くらい

「通年の時期」のスキンケアが、とても安価で、月500円くらいで済んでいます。

一体なにを使っているんだ?

という感じですが、

ただただ、「シンプルなアイテム」で「シンプルなスキンケア」を地道に続けているだけ。

それが、結果的にムリのない「節約美容」に直結してる感じです。

スキンケアは、化粧水とベビークリームで月600円で終了

スキンケアは

ヒアルロン酸化粧水+ベビークリーム(子供と兼用)で基本的に終了(565円+379円で約1ヶ月〜2ヶ月持ちます)

愛用の低価格・安心スキンケアアイテム

化粧水はコレ。潤いがしっかりしていて安定感があって好き。

肌ラボ 極潤 ヒアルロン酸 化粧水 ライトタイプ ヒアルロン酸3種配合 170ml 565円(amazon価格)

保湿クリームはこれ。高級クリーム並みにしっとりするのに肌に軽いあたり、さすがベビークリームです。お値段、驚異の379円!

和光堂ミルふわ ベビークリーム 60g 379円(amazon価格)

月に600円の節約スキンケアで、肌の調子はいたって良好

ちなみに、肌の調子はすごく良いです。肌診断で保水力、弾力ともに◎)

低価格でも、現在はすごく良いスキンケア製品がたくさん出ています。

ポイントとしては、

  • 信頼できるメーカーのものを使う(私の場合、ロート製薬や資生堂、和光堂などを愛用)
  • ケチらずたっぷり使う。
  • 高級クリームを使うときと同じ心持ちで、しっかり丁寧に肌に与える
  • サボらず毎日使い続ける

これらが重要。

特に、

高級クリームを使うときと同じ心持ちで、しっかり丁寧に肌に与える

これ、大事です、ホント。

「しっかり心を込めて使うこと」で、コスト以上のパフォーマンスを発揮してくれるはず!

スキンケア以外:美容費の内訳

  • 美容院は、3〜4ヶ月に1度、カラー+カット(1回12000円程度)
  • エステ、脱毛は現在なし
  • ベースメイクは資生堂、ポイントメイクは主にプチプラ愛用
  • どうしても欲しいときは、シャネルやポール&ジョーなどのブランド品も購入
  • サプリメントは飲んでいない
  • ネイルはプチプラ(足のみ。キャンメイク)
  • 日焼け止めはビオレ
  • 肌の乾燥や疲れが気になるときは、スキンケアラインをヒフミドに変更して美肌へテコ入れ

現在、こんな感じです。

もちろん本当は、もう少しスリミングジェルやボディオイルなどを使ったボディケアがやりたいなー、美顔器アップデートしたいなーという欲は限りなくありますが、

忙しすぎて、そこまで手がまわらず。

こうやってみると、「節約美容」のポイントとして、

スキンケアアイテムを、良質かつ安価なアイテムを賢く使うことで、支出をがっつり抑えている

ことがわかります。

紫外線対策しっかりして、保湿力が高くて安全性の高いシンプルなものを使っていれば、値段をかけずとも美肌をめざすことはできます。

✳︎(事実、高級スキンケアをだらだらと毎日使っていたときより、メリハリつけて低価格のスキンケアアイテムを使っている現在のほうが、肌の調子が良い)

美容費が高くかかるのは、主にトラブルが起きたとき

ニキビができたり、肌が乾燥してがさがさになったりシミができたりすると、それをケアするために多くの美容ケアアイテムを投入することになり、結果的に美容費が高くなりがち。

私も、仕事が猛烈に忙しく、普段の基本的なスキンケアをおろそかにして睡眠不足だったとき、肌トラブルからニキビから始まり、そこから肌が尋常じゃないくらい荒れた時期がありました。

もちろん、荒れた分だけ、回復までに相当な時間と労力がかかりました。

そのとき、

  • 皮膚科への通院、薬代
  • ドクターズコスメ(めちゃ高い)のライン使い
  • 水道水が悪?と考え、すべての水をミネラルウォーターへ(洗顔も)
  • 美顔器購入
  • サプリメント爆買い

などなど、お金も手間もとってもかかりました。あの頃の美容費は、節約とか言ってられないくらい切羽詰まっていて、お給料の大半を美容に費やしていた気がします。

今思い出しても、あの頃は、辛い日々でした。

結局、

  • 睡眠や食生活の見直し
  • ストレスを減らす努力
  • 化粧水をニキビ専用(オルビスのクリアローション)に変えて地道に丁寧にケア

などで、ゆっくり、ゆっくり治していきました。

節約美容は、「日々の丁寧なケアの積み重ね」の結果である

つらい肌トラブルを経験したあとは、スキンケアアイテムに関しては値段は関係なく低刺激なもの丁寧に毎日使い続け、普段の生活が乱れないように気をつけ、ここ10年以上は、トラブル知らずです。

でも、以前の肌荒れで困難だった日々の記憶は忘れがたく、いまでも心の中に残っています。

お手入れをサボった時点で、「節約美容なんて言ってられなくなるぞ」と自分を戒めています。

とにかく、丁寧に、毎日のケアを積み重ねること。

これが無駄にお金がかからない、究極の節約美容につながります。

メリハリも大事です。

ここぞという時には、高機能のスキンケアアイテムでレスキュー対策をしたり、テコ入れするのもアラサー、アラフォー以降は必要。

私自身、通年のスキンケアは安価ですが、

  • 肌のくすみが気になったり
  • 肌トラブルの起きやすい時期(花粉シーズン、秋の季節の変わり目、真冬)

は、小林製薬のヒフミドを使って「確実に」肌のテコ入れをします。

(✳︎小林製薬のヒフミドは、セラミドを高配合しているのに値段が良心的で、透明感が減りゆくアラフォーの肌におすすめ。トライアルセット980円です)↓

公式サイト→ヒフミドトライアルセット

究極の節約美容のヒントは、すぐそこにある

お金をかけない美容の最大のポイントは、「トラブルを起こさないこと」

そのためには、

日々の丁寧な積み重ねで、状態をしっかり良好に保っておく

それこそが、節約美容に一番近くて、未来の綺麗にまっすぐつながってゆく究極の美容法と思ってます。

シェアする