【綺麗なママ】の「特徴」は?「フツーママ」との決定的な違いを考察する

最終更新日

綺麗なママは、フツーママと一体なにが違うの?

「あのママ、いつも綺麗だなぁ…」

と憧れられる存在の、「綺麗ママ」。

しかし、なぜあのママは、他のママと違って綺麗なのだろう?

「そりゃ美人だからでしょ!」

と思うけど、それだけじゃない

元が美人でも、「綺麗ママ」でない人もいる。

逆に、元の顔立ちが平凡(よく見ると)でも、堂々と「綺麗ママ」の座に君臨するママもいる。

よく周りを見てください。

よくよく見ると、実際に「綺麗ママ」というジャンルは、「顔立ちは、あまり関係ない」と気づきます。

顔立ち自体は普通でも、文句なく「綺麗ママ」に見えるひとがいる事実。

「綺麗ママ」というジャンルは、「綺麗な女性」とか「可愛い女性」というのとはまた違った、独特の「美の基準」があるように思います。

ふしぎに思い、本気で検証してみることに。

綺麗ママに共通する特徴

何人もの「綺麗ママ」と呼ばれるに相応しいママを、

スーパー、幼稚園、小学校、クリーニング屋、フードコート

など身近な場所で徹底リサーチ。

これぞ「綺麗なママ」なる存在を見つけたら、すかさず全体チェック!!

  • 年齢
  • 着ている服
  • 髪型
  • 体型
  • お子さんの年齢
  • 一緒にいるママ友

などなど。。

チェックできるものはすべてチェック!!

そうしてかき集めた「綺麗ママ」たちの情報から、彼女たちに共通するものを洗い出してみました。

リサーチの結果

綺麗ママに共通する特徴。

  • 全体的なすっきり感(全身すべてにゴチャゴチャ感がない)
  • 適度なトレンド感
  • 髪にツヤがあって綺麗
  • 女らしいアイテム(ピアス、ブレスレット、ヒールなど)を取り入れてる

ええ。

極端なこと言うと、井川遥さんっぽい人が多い。

顔立ちなんかではなくて、全身が「井川遥風」なんですよ。(わかるかな。。。)

すっきりトレンド感がある服を着て

髪が綺麗で

女度あげるディティールをさりげな〜く身につけている

(で、ナチュラルっぽいけど実はしっかり強めメイクしている)

(雰囲気はこんな感じ↓。ローゲージニットをゆるっと着こなす感じが、綺麗ママぽい。ポイントは、メイクもアクセも実はしっかりしてるとこ。)

上記の雰囲気をそのまま真似できれば、どんな顔立ちだろうと、雰囲気で「綺麗ママ」確定。

ポイントは、全体が綺麗にまとまっていること。

全身を綺麗に女っぽくまとめあげることができる「技術」を持ったママが、「綺麗ママ」に一番近い存在かも。

逆に「Tシャツジーンズスニーカー」は、女優レベルの美人だったら素敵だけど、普通の妙齢女性(失礼)がすると、「近所のおばさん」感だけが出る、厳しい現実があります。

なので、LEEなどのナチュラル系雑誌に載っているはまじさんとかの服

(はまじさんは身長が170センチなことをお忘れなく!)

を、真に受けて買うと、痛い目を見ます

はまじスタイルでも、ふわっと綺麗な雰囲気を出しているママさんがいますが、

実は、シンプルそうでいて、そういうナチュラル系綺麗ママさんも、きちんと「綺麗に見える」よう、細部まで計算しているんです。

  • さりげなく髪を巻いている
  • ピアスをさりげなくつけている
  • 足元はヒール
  • 所帯じみてない、トレンドメイク

などなど、「女らしさ」をどこか絶妙に加えている。

(VERYとかのカジュアル特集でも、大体そういうプラスアルファしてます。そういう意味では、がっつり盛るVERYのほうが、LEEより一般人には分かりやすくて好き(笑))

✴︎子育てママでもアクセサリーを躊躇なく楽しめるように!

アクセサリーは壊れるから苦手、子供が小さいから危ない、高すぎるのはちょっと、、という子育てママにも朗報。

最近は、オシャレでかつ子育て中も邪魔にならない、手頃なアクセサリーブランドも徐々に増えてきました。↓

ママに人気のつけっぱなしできるアクセサリー

普通の服でも、つけるだけで一気に「綺麗ママ」の雰囲気に変身。↓

【Un】パールフープピアスminiゴールド 2800円

綺麗ママになるのに、顔もお金も関係ない

年齢を重ねると、女性の綺麗の基準は「もとの顔立ち」より「全体のトータルバランス」で決まるようになります。

ママ友界では、特に「お金」「センス」がシビアにものを言う。

ただし、「お金」は、確かに女性の「綺麗」を左右するファクターだけれども(ブランドバッグを持つと、ある種の「綺麗な雰囲気」は確かに出る)、

「お金」で綺麗を買うのは危険、と個人的には思っています

だって、お金を使って得た綺麗は、お金を使い続けないとキープできないから。

使えば使うほど、すべての欲望は、際限なくなっていくから。。

(ママ同士の見栄の張り合い、マウンティングにお金使うようになったら、それは地獄への入り口です。)

それよりも。

もっと大事なこと。やるべきこと。

それは、

センスをあげること

つまり

自分に似合うものをちゃんと見極める。

全体のトータルバランスを見る客観性を持つ。

細部まで抜かりなく女性らしさを添える。

そこについて、精進していくことを勧めます。

綺麗ママとして皆に憧れているママたちは、間違いなく研究熱心です。

自分のことをよく理解し、セルフブランディングしている。

私がリサーチした綺麗ママたちは

なんとなく選んだ服

なんとなくまとめた髪型

なんとなくメイク

を一切していない雰囲気が、ビシバシ漂ってました。

「ちゃんと考えて選んでいる」ことを感じさせる、トータルバランス。

綺麗ママをめざすなら、まずは自分を知って、その上でセンスを磨く努力をするべきです。

まずもって、これはお金がかからない。

そして、一度身につけば一生もの

「綺麗ママになりたい。でも、センスを磨くとか、どうすればいいか全然わからない。難しいこととかも、一切できない」

という人は

  • とにかく、自分が「すっきり見える」服を一着探す
  • とりあえず、イヤリングかピアス(なんでも良し。つければ何かが見えてきます)
  • メイクも髪も、ツヤ感を意識する
  • 髪をすっきりさせる(何をすればよいかわからなければ、とりあえずタイトなひとつ結びで。↓参考になります)

あえて崩し過ぎないのが色っぽい♡きちっとタイトめヘアアレンジ10連発

以上のポイントをおさえれば、綺麗ママにぐっと近づきます。

高い洋服を買ったり、化粧品買ったりエステにいかなくとも、ほんのひとさじ「手間」を取り入れれば、誰だって綺麗ママに近づけるんです。

「お金」ではなく、「ひと手間」を大事にする

  • すっきり見える服を探すひと手間。
  • 毛先にワックスをつけるひと手間。
  • ピアスをつけるひと手間。
  • 足が綺麗に見える靴にするひと手間

そういったひと手間に手を抜かない人が、綺麗ママに近い人だと思います。

綺麗な人は「ツヤ」を味方につける

どんな美人でも、手や爪がガサガサだったり、髪の毛先が乾燥していたり、肌艶がなかったりすると、美しさは半減してしまう。

逆に、普通っぽい人でも、細部までツヤ感を怠らないと、それだけで「美しい」オーラが出るもの。

それくらい、女性の美しさは、「ツヤ感」に左右されます。

特に年齢を重ねると「ツヤ感」の有無は「綺麗」のジャッジに大きく影響していきます。

ツヤめくためには、まず「保湿」!と考えがちですが、日本人女性は意識が高く、大半の人はしっかり保湿はしているんですよね。

「潤いを閉じ込め、さらに艶めきを増す」ためには、やはりオイルを使うのが最善だと思います。

優秀な美容オイルは、

ヘアケア、スキンケア(ブースター)、ネイル、ボディ。

そのすべてを、数滴使うだけで、あますことなく輝かせられる。

上品なツヤをさりげなく纏うことができる。

優秀なオイルは色々ありますが、一番のおすすめはメルヴィーダのアルガンオイル。

これ一本で、髪、肌、ボディ、爪。トータルでケアできる優れもの。

すべてに上質なツヤを与えることができる、まさに「綺麗になれる万能オイル」

綺麗なママをめざすなら、1本手元に置いて損はないオイルだと思います。

公式サイト↓

メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル 3600円(税抜)

うるおって、ハリ&ツヤ。運命の一滴 アルガンオイル | オーガニック認証コスメ メルヴィータ

「綺麗なママ」は毎日の積み重ね

綺麗になるのって、ほんとう、日々の地道な積み重ねだと思います。

毎日、ほんの10秒で良いので、「これで良いのか」思案する時間を作るだけで、必ず「綺麗」のセンスは上がってきます

それは、未来の自分への投資でもあります。

自分が綺麗に見えるファッションさえ知っておけば、時間をかけてショッピングする必要もないし、洋服を無駄に買い足す必要もない。

私もまだまだ、「自分が綺麗に見える最短ルート」、日々探してます。失敗することもあれば、褒められることもある。

道半ばです。

ぜひ、一緒に「綺麗ママ」めざして頑張っていきましょう!

こういうのサラリと着ていると美人ママっぽいですね。夏はワンピースがやはり美人アイテムです。

フレアマキシワンピース 3,990円(税抜)

シェアする