【40代で透明感のある肌】になるシンプルな方法

最終更新日

透明感のある40代、最強説

長年、美さとは何かを考え続けてきて思うこと。

年齢を重ねた女性の美しさは、透明感の有無で決まる、という事実。

年齢を重ねるほどに、顔かたちよりも、肌の透明感がモノを言うようになってくる。たぶん、これは紛れもない事実だと思います。

大人で、透明感のある肌の持ち主に遭遇すると、

  • 上品
  • きちんとした生活送ってそう
  • メイクが映える
  • 服がやぼったく見えない
  • なんとなく美人に見える

など、さまざまな「美の底上げ感」を感じるんですよね。

目を大きくするメイク、高価な洋服、ヒアルロン酸やボトックスなどをやるよりも、「透明感のある肌を目指す」ことが、なにより美しい大人の女性への最短ルートと感じてます。

透明感のある肌の女性は、佇まいだけで納得の美しさがある。。何着ても、美しいし…。

透明感のある大人の代表格、石田ゆり子さん

肌の透明感を手に入れるには

ただ、透明感透明感!と張り切っても、年齢を重ねると、透明感ファクターがどんどんかけ離れていくだけど…どうすりゃいいのよ、と感じているアラフォー女性は多いはず。

私も同じ(キリッ)。放っておけば、ただただ濁っていく一方のアラフォー肌…。

40代で透明感をキープすることって、やっぱりそれなりに大変です。

なんとなく手入れしてるだけでは、透明感はもう手には入らない。

消えゆく透明感

年齢をともに肌から失われていくのは、水分だけではないんですよね。

年齢とともに、ターンオーバーも遅くなってゆき、肌の新陳代謝がゆっくりになっていく。

これが、透明感が失われてゆく最大の要因。

つまり、なかなか綺麗な細胞に生まれ変わっていかない。古いものを肌に溜め込んでしまいがちに。

すると、

  • くすみ
  • 肌全体の疲れ感
  • キメの粗さ

これらが若い頃に比べて出てきて、透明感が失われていく。。。

40代は、

とにかく保湿重視!若い頃の倍の潤いを!

と躍起になりがちですが、それ以上に、

肌のターンオーバーの遅さを自分で工夫してリカバリーしていくことが、くすみを減らして透明感のある肌に導くために、とっても重要です

参考サイト:かしこくお手入れ (4) くすみ 資生堂

対策が分からない

40代になると、肌のお手入れってほんと

「わかっちゃいるけど、どうすりゃいいの?」

と悩みの渦中に。

私がリアルに感じたのは、

「とりあえず、保湿はきちんとやろう。でも、透明感とかはもう無理じゃない?40代、今さら…どうにもなんない」

というなかば諦め感

でも現実、肌に透明感のある40代女性は、いる。

石田ゆり子さんとか、天海祐希さんとか、アラフィフだけどめっちゃ透明感のある肌で、ため息つくほど美しいです。テレビでアップになっても、肌のすごいキメの細かさ。くすみもない。

お金を使える大女優だけでなく、

私の同僚のアラフィフ女性も、すごく透明感のある肌をしていて、メイクもいつも美しく映えていて、ひそかに皆の憧れの的。(なお、お給料は私と同じくらいの模様w)

リアルな私たちだって、何かコツを押さえて頑張れば、透明感のある肌を手に入れられるのでは。。

そして、徹底的に研究して分かったこと。

保湿に関しては、みな知識がきちんとある。

細胞膜まで潤いを持たせるためにセラミドとか、美顔器とか、それなりにみんなちゃんと理解してやっている。

でも、透明感って…?。

抽象すぎて、何すれば??

やり方分からないし、はっきり結果も出そうにないし、もういいや…。

そう、早々に白旗をあげてしまいがち。

でも。

透明感のある肌を作る、そのコツさえシンプルにわかれば、絶対に、今より綺麗になれるはずなのです。

そのための情報が不足しているな、というのが40代の現状と思いました。

透明肌のレシピ

40の肌が透明感がなくなる理由。

これ、意外とはっきりしています。

理由は以下。

①肌のターンオーバーが遅くなる

      ⬇︎

②くすみが取りきれない

③肌のキメが粗くなる

これが大きな要因。

これらに対して、具体的な対策をしていくこと=透明感の肌をつくるシンプルなレシピ、になります。

①肌のターンオーバーが遅くなる

まずは生活環境を見直すこと。

特に、睡眠。

とにかく美肌には睡眠!

人は眠っている間に細胞の修復活動を行ってます。

ターンオーバーを整えるためにもゴールデンタイム(22時〜)に眠りにつくことが大事

毎日は無理でも、とにかく早めの睡眠、たっぷりの睡眠は美肌に欠かせないことは念頭に置いておくのが忙しい40代には大事です⭐︎

 参考:寝ている間につくられる?肌と睡眠について(資生堂)

②くすみが取りきれない

 くすみが取りきれない。

↑40代の肌が濁り、透明感が失われていく最大の理由

くすみ=新陳代謝されずに、肌に留まった濁り

と考えると分かりやすいです。

40代は、肌にたまった濁りがただでさえターンオーバーが遅れて、取りきれなくなっている。

対策は、シンプル。

  • 洗顔をきちんと(丁寧に)
  • 紫外線ケア
  • たまった濁りを取る美白ケアを行う

✳︎洗顔をきちんと行う、に関しては、自分が思っている以上にきちんと、丁寧に行ったほうがよいです!

丁寧に手をかけて洗顔するだけで、顔全体のトーンがあがることにびっくりするはず。(洗顔料はいつも使っているものでOK)

洗顔って、ついついルーティーンで雑になりがちですが、良質な洗顔料で、丁寧に洗ってあげると、肌は必ず応えてくれます

濁りをとる美白ケアは力をいれるべき

美白ケアって、

  • どうも値段と効果が見合ってない
  • 手応えがはっきりしない
  • 保湿力はどうなの

などの理由から、やる意味ある?と感じているアラフォー女性もいるのでは。

何を隠そう、私もそうでした。

ずっと美白ケアなんて眉唾だと思ってました(キッパリ)。

確かに、若い頃は、美白ケアしたところで、ターンオーバー自体が元気で濁りを勝手に取ってくれてたから、そりゃ美白ケアの効果感じられなかったな、と今振り返ると思います。

でも、アラフォーになり、美白ケア、きちんと向き合ってみたら、思いのほか手応えを感じ、価値観が変わりました。

来るべき年齢になると、美白ケアってきちんと手応えあるんですね。

美白ケアで、驚くほど未来は変わる

世の中には、あふれるほど美白ケアアイテムが揃ってます。

安価なものもあれば、すごく高いものもある。

基本的には、自分に合った相性よいもの(そして自分が長く続けられる値段のもの)を続ければ良いと思います。

ただ、きちんと美白に働きかける成分(ハイドロキノンなど)が入っているものは、目に見えて肌の明度が上がるので、どうせ使うなら、機能性や成分はちょっとこだわるのが、「美白へのコツ」と言えばコツ。

相性よいものは、使ってすぐ、結構わかりますよ。

「あ、肌が明るくなった」

て。(さすがに大きなシミは消えないけど)。

高すぎるものは、効果は良いかもしれないけど、毎日使うにはコストが高すぎるし、安いものは、効果が分かりにくかったり。

実際に色々試して、「その中間」くらいのアイテムが、ちょうど機能と価格のバランスが良く、40代の女性におすすめ。

具体的には、高級ブランドまでは高くなく、高機能な美白ケア成分が含有された国産ドクターズコスメが、40代にはドンピシャかと。

ドクターシーラボとかタカミクリニックとか、色々ありますが、私はアンプルールが一番、国産美白ブランドとしては実力が高く高機能、かつ良心的な価格設定でおすすめ。

アンプルールのラグジュアリーホワイト トライアルキット美白ラインをすべて試せるので、一度試して損はないはず。(値段も良心的)

アンプルール以外にも、美白系のアイテムは、とにかくサンプルやスターターキットのあるブランドが多いです。だから、とりあえず色々試してみて、運命の相性の美白アイテムを探してみてほしい。

運命の美白アイテム、ひとつ持っているだけで、その後の未来が変わってきますから。

相性のよい美白アイテムを、持っているのと持っていないのでは大きな差が出てくるので、美白アイテム選びは、妥協しないで色々試して、楽しんでほしいです。

ラグジュアリーホワイト トライアルキット

透明感のある肌で、美しく年齢を重ねよう

透明感のある肌を手に入れられたら、年齢を重ねるのが本当に楽しくなるはず。

メイクも、洋服も、以前よりずっと選びやすく、映えやすくなります。

保湿にはこだわるけど、美白はなんとなく…という人が多いけど、せっかく透明感のある肌を作るチャンスを、みすみす見逃すのは、ほんともったいない。

肌の透明感づくりは、40代からでも間に合うし、コツさえおさえれば毎日のなかでできることばかり。

ぜひ実践して、透明感のある肌をめざしましょう!毎日がウキウキし始めるはず。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする