見とれるほど綺麗な40代、何が違うの?その秘密

最終更新日

40代は美の逆転現象が起きる

同窓会へ行くと、かつての「美人マドンナ」がフツーの主婦になってたり「地味な子」が綺麗な大人の雰囲気を漂わせてたり、と「ほほぅ、わからないものだなあ!」と思います。(どこから目線?)

はっきり顔の美人だった子が、頬がこけて老けて見えたり、かつては丸々してた子が、スッキリした輪郭にショートカットでかっこいい大人の女性に変身していたり。

その空白の30年に何があったのか?

は本人のみぞ知るところですが、その「美の逆転現象」が、最もリアルに浮かび上がるのは40代なんじゃないかな、と個人的に感じています。(50代になると、また、違ってくると母が言っていた)

綺麗ファクターは、「元の顔立ち」から「清潔感」へとシフト

40代は、綺麗ファクターの変換期

顔立ちは、だいぶね、関係なくなってくる。

ママ界のマウンティングも、顔立ちは美人だけど貧相な格好のママより、顔立ちはフツーでも、身なりが綺麗なママの方が、多分上位になるんじゃないでしょうか?

(マウンティングするようなハイソな世界にいないから分からないけど、VERYとか読むとそう感じる)

10代の頃は、Tシャツジーンズ姿なら、顔立ちが綺麗な方が圧勝。

でも、もう40代は、Tシャツジーンズ姿では戦えないのです。どんな美人でも。

それよりも「自分まわりを綺麗にしている」人の勝ちなのです。

そういう意味では、努力すればするほど、それがダイレクトに反映される世代。

やりがいはある。

そんな「40代の綺麗」、最も重要な綺麗ファクターは何でしょう?

それは間違いなく「清潔感」だと思います!

清潔感を磨くためには?

清潔感って、一体どうやったら磨けるの?

毎日お風呂に入ること?

いや、みんな入ってるでしょ!みんなそれなりに清潔な生活しているはずでしょ!

見た目の「清潔感」て、たぶんもっと「技術的なもの」だと思うのです。

清潔そうに見える「技術」?

具体的には

  • 肌の表面をつるんと見せる
  • 髪が綺麗(アホ毛、退色、ボサボサな質感がない)
  • 姿勢をよくする
  • シンプルだけどセンスの良い服を着る

この辺が、重要。

どれも「ちょっとした心がけ」で大きく伸びるファクター。

同時に、自分のことをよく知っていないとできない。

派手な細工はいらない。

毎日のちょっとした美への心がけ、積み重ねが左右してくる感じ。

日々の生活を、シンプルに、丁寧に、積み重ねる

使うアイテムは厳選した方が良いですね。高い安い、関係なく。自分のその時の肌に合ったものを、ちゃんと見極めて、丁寧に使う。

それこそが、40代の女性の美しさを大きく左右すると思ってます。

毎日心がける、すると習慣になっていく

私にとって、ミニマリズムと出会ったことは、そのまま綺麗になるベースを見つける大きなヒントになりました。

  • 自分の肌や髪にあうアイテムを厳選する。
  • 似合う、着心地の良い服だけに袖を通す。
  • 「綺麗」に余力をまわせるための、家事の簡略化。

ミニマリズムまでいかなくとも、「余計なものはいらない」という基本を身につけるだけで、綺麗になるための余裕を生むことができると思ってます。

これからも、自分の生活習慣を見つめ直しながら、「綺麗になる」ヒントを探って行きたいなと思ってます。

 

 

手っ取り早く、髪も肌ももっちり瑞々しさを保ちたいなら、オイルがおすすめ。

ナチュラルオーケストラのホホバオイルはサラリとしていて、頭皮にも夏のスキンケアにもいける。


 最強のスキンケア。NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」

シェアする