【アラフォー】前髪だけの縮毛矯正orストパー。辞めどきを考える

最終更新日

縮毛矯正は私の青春だった

私の髪の毛はくせっ毛。若い頃は、自分のくせっ毛がとにかく大嫌いでした。

大学に入って、縮毛矯正に手を出した私。ずっと「大学生になったら髪の毛まっすぐサラサラにする!」と憧れていたのです。

実際に施術を受けて。。いやあ、感動しましたね。

髪の毛がこんなにまっすぐになるなんて!

エスカレートした私は、さらに完璧なストレートにしたくて、縮毛矯正した後に、ヘアアイロンでさらにまっすぐを強化させてました。(明らかにやりすぎです!)

でも、長年のコンプレックスだったくせ毛から解放されて気持ちが上向き、以前よりもおしゃれも楽しめるようになって、目の前がぱあっと明るくなったこと、昨日のことのように覚えてます。(20年以上前の話)

全体→前髪のみの縮毛矯正、その後ストパーへと変遷

ゴリゴリと全体をまっすぐにしていたのは、大学生〜社会人2,3年目まで。

その後、美容師さんから「全体に矯正かける必要はないと思う」というアドバイスにより、癖が強くてスタイリングに手こずる前髪+こめかみ周りだけの縮毛矯正にチェンジ。

まっすぐすぎるのは流石に不自然だと気づき、毛先は弱目に矯正かけてもらうナチュラルなスタイルに。

その後、「縮毛じゃなくて、ストパーでも良いと思う」という美容師さんのさらなるアドバイスにより、縮毛矯正→ストレートパーマに変わりました。

縮毛矯正と、ストレートパーマの違いがいまもよく分かっていない

ストレートパーマと、縮毛矯正の違い。

はっきり言って、かけている本人はイマイチ違いがわからない。

まあ、ストレートーパーマの方が、多少持ちが悪いのかな?

でも、4ヶ月あたりで「そろそろ限界、またまっすぐにしてもらおう」という頻度は同じ。

値段も安いし、髪にもあまり負担がないストパーで良いのかな?と前髪だけにストレートパーマをかけ続けて、アラフォーの現在に至ります。

そろそろ辞めたい。でも、髪は年々「モジャり」が強くなってゆく

実は数年前からですね、「縮毛矯正もストパーもそろそろ卒業しようかなあ」と考え続けてました。

頭皮を大事にしたいお年頃だし、忙しくて頻繁にかけに行けないし。

それに、やっぱり不自然なことは、だんだんしたくなくなるんですよね。

でも、アラフォーになると、髪の毛にはくせ毛とは別の問題が出てきます。

コシがなくなって、全体的にゴワつき、モジャるようになってゆく。

特に、こめかみ辺りや頭頂部がもじゃもじゃしていると、生活感のあるおばさん度は急激に上がります。

コテでまっすぐにしても、元が癖毛の人間は、湿度の生であっという間にまたモジャる。

そういうわけで、ぐずぐずとストパーを辞められないでいます。

多分、もう少し年齢が行くと、人工的にストレートにした部分って、さらに不自然で悪目立ちしていく気がするんですよね。

あの野宮真貴さんが、「顔は年齢相応なのに、髪の毛だけツヤツヤで若かったらやっぱりバランスが変」というお話をされていて、なるほどなあと思いました。

髪の毛もなるべく、素のままで、素敵に見えるようにしていきたいなと今、試行錯誤中です。

ただ、どんな選択をするにしろ、大事なのは地道なヘアケアですよね。

  • 頭皮ケアにオイル
  • アウトバストリートメントを毎日しっかり行う

のが、現在の私の美髪のための取り組みですが、正直、足りてない気もします。。

(え?これしかしてないの?というお叱りを受けそうですね。。)

今は、若い頃にやっていた、朝のスタイリング前にミストをかけて髪の毛をならす事と、アホ毛が出るのを防ぐためのヘアワックスをプチプラで買ってみようかと検討中。

 ツバキのサラサラストレートヘアウォーターはプチプラな上に口コミ評価も高いので期待値大。

 マトメージュは、アホ毛に苦しむ40代の強い味方かもしれない。しかも324円!(amazon価格)

 

それと、やっぱり最後に頼りになるのは髪の専門家でもある美容師さんですよね。

次回、美容室にいく時には、そのあたりのアドバイスもたくさんもらってきたいなと思います。

シェアする