ファンデーションを塗ると「老けて見える」…!私が試したシンプルな解決方法。

ファンデで老け見え?

ファンデーションは、いつだって女性の肌の味方。

そう信頼し、愛用して20年

ファンデーションは目覚ましいほど進化している。

…なのに、なぜ私は最近

ファンデーションをつけると、逆に老けて見えるの?

-5歳肌どころか、+5歳肌になるの、なんで⁉︎

超高級なファンデ(○スメデコルテ)使ってるのに!

という

「ファンデーションで余計老けて見える問題」

に思いっきり直面したアラフォー。

「塗る意味ないじゃん…」という気持ちと

「いやいや、だからってスッピンはまずい」

「でも、老けて見えるの納得いかない」

と、色々な気持ちのせめぎあい…。

「年齢肌だよね」と折り合いをつける方法もありましたが…、

あがくだけ、あがく!と試行錯誤するうちに、老け見えのポイントが徐々に見えてきました。

  • 老けて見えないファンデーションを選ぶと一発で解決

たどりついた

「ファンデーションが老けてみえない」ポイント

をお伝えしていこうと思います。

その1:ファンデーションを変える

長年の私の愛用はリキッドファンデ。

  • ツヤも出るし、
  • ピタッと浮かないし、
  • 薄付きだし、

…と良いことづくめで、

浮気せず愛用してきたのです。

でも、

「20代の時ぴったりだったファンデは、アラフォー肌にはぴったりではない」

という厳しい事実。

愛用ファンデこそが、老け見えの原因になっていたようなのです。

そして、色々なファンデ(クリームファンデ、クッションファンデ、パウダーファンデ、スティックファンデetc…)を試しまくった結果、

アラフォーに一番老け見えしないのは、ミネラルファンデーション と確信したのです。

老け見えする理由

加齢による肌くすみシワ感が、

ファンデーションを塗ると、

悪目立ちして、老け見えしてしまう

悪目立ちの理由として、

ファンデーションと皮脂が混じり合い、ファンデ自体がくすむのが、大きな原因なんです。

わざわざ、濁った色のファンデ塗ってるのと同じだなんて…!

極端な話、それくらいなら

「色付きのファンデーションなんて塗らなきゃいい」

て話になる(涙)。

(昔、透明なファンデーションて資生堂から出てましたよね。無色のファンデーション、一定の需要があったと推察。復活しないかな^^)

ミネラルファンデーションが老け見えを防ぐ理由

なぜミネラルファンデーション老け見えしないのかというと、

「肌くすみを起こさない」

しかも徹底的に

という、ミネラルファンデーション自体が持つ特徴にあります。

ミネラルファンデーションとは、マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄等のミネラル(天然鉱物)を主成分として作られたファンデーション。米国で生まれ大人気となったことで、日本でも販売されるようになった。(ウィキペディアより)

医療用として開発されたのが始まり。肌に優しい成分が主成分として配合されているのが、最大の特徴。

そして、

精製度の高いマイカ(鉱物)を使っている(ETOVOSの場合)ため、

皮脂と混ざっても変色しにくい。

(これこそが、老け見えを防ぐ最大の理由!)

また、粒子が非常に細かく、肌に密着するので、

ごく薄づきで、ベールを張ったように綺麗に見える

ちなみに、ETOVOSのミネラルファンデ は、見事にシミや毛穴が消えるのですが、

光を散乱させるソフトフォーカス効果で、シミや色むらをふわっとカバーする働きがあるのです。

(ETOVOS HPより)
  • 薄付きでシミや毛穴をカバーできるソフトフォーカス効果
  • くすみにくい成分で作られている精製度の高いマイカ使用

このことから、

「ファンデーションを塗ると老ける」現象が、起きにくい

と説明できます。

実際に使ってみて

私が使っているのはETOVOSのミネラルファンデ

ミニマリストのおしゃれブロガーさんが、長年愛用していて、ずっと気になっていたのです。

ETOVOSの控えめでシンプルな雰囲気や、強引なアピールがないところ(笑)、HPもセンスがいいし、良心的な値段、

とにかく色々と好みなブランド

(ちなみに、ETOVOSはコスメもおしゃれ。アイシャドウのカラーとか絶妙です)

試したのはミネラルファンデーション スターターキット

豪華に色々な試供品(シャンプーやら保湿剤やら)入ってますが、

使うのはこの3点のみ。

下地(ナイトミネラルファンデ)、ミネラルファンデ 、カブキブラシ

まずは下地から。ナイトミネラルファンデ ーションが下地になります。

(白いふたの方)

ふたに下地の粉を少量(小豆大)出して、カブキブラシにくるくるとつけて…(不器用でOK)

ブラシでくるくる、ふわ〜と肌につけます。

下地だけでも、肌のキメが綺麗になります。

(肌が綺麗な人なら、これだけでイケる)

さて!下地をつけたら、いよいよミネラルファンデ ーションの出番

マットスムースミネラルファンデーション(SPF30 PA++)(黒いふた)。

こちらも下地と同じく、蓋の上に小豆大の粉をとったら、くるくるくるっとブラシに。

肌の上に滑らせるようにくるくる。

割と適当でも大丈夫。

不器用さんでも、平気。

仕上がった肌。

くすみません。

厚塗り感ないのに、毛穴がすーっと消える。

なにこの透明感。不思議。

スターターキットに入っているカブキブラシが「優秀」との口コミが何気に気になってましたが、

実際、驚くほど使いやすい。

不器用な手つきでも、ファンデをきれいに塗れる。これ、大雑把なタイプには大きい。

このカブキブラシを手に入れるだけでも、ETOVOSのミネラルファンデーション スターターキット を買う意味はすごくある。

これがカブキブラシ。弾力性!!

40代はファンデ選びが命

20代の頃、実はミネラルファンデーションを試したことがありました。

でもその時は、正直全然ピンとこなかったんですよね…。

今思うと、その頃は肌がきれいで、くすみや毛穴もなく、ミネラルファンデの実力がわからなかったのかも。

ファンデーションて、年齢によってぴったりくるものが全然違うんだなぁ…と実感。

私のように、若い頃からお気に入りのファンデを続けているけど、

微妙に違和感や、肌の老け込みを感じる場合、新しいファンデーションを試してみる意義はかなり大きいと思います。

アイテムを変えるだけで、綺麗への大きなチャンスが開かれる可能性が高いからです。

違和感を持ったまま、その現状を受け入れてしまうと、やがて違和感が当たり前になってしまい、

「こんなものか」

とせっかくのステップアップの機会を失ってしまい、もったいない。

アラフォーは、まだまだきれいになれる。

そして化粧品は、驚くほどの進化を遂げています。

あなたを美しくする、心強いアイテムは巷にあふれているのです。

ちょっとの肌の変化に、しょげている場合ではないのです。

悩みを解決するアイテムは、必ずある!

私は、もっともっと綺麗になれる!

そう信じて、行動すれば、綺麗への道は、どんどん開けていきます。

振り返られるような綺麗な人、目指して良いのです。

現状を冷静に分析して、理想に向かって行動あるのみ!

一緒に、がんばっていきましょう!

参考アイテム♡:

ETOVOSミネラルファンデーション スターターキット

おすすめ