「頭皮が痛くならない白髪染め」を試してみたら、確かに痛くない

頭皮が弱い人の白髪染めは受難

頭皮湿疹持ちです。

シャンプーも、普通にドラッグストアに置いてある製品だと、すぐにかぶれるし、

カラーリングも美容院で施術された翌日から、頭皮が赤くかぶれる経験を何度もしてきました。

なので、極力最近は髪に何もしないよう努めてきたものの、

寄る年波には勝てない…白髪がちらほら気になり始め、白髪デビューを考え始めました。

(何もしたくなくとも、グレイヘアーは早すぎる(笑))

というわけで、白髪染めも、もちろん慎重にやりたい!

でも、絶対条件は、

セルフケアでできる、頭皮が痛くならない、刺激の少ないタイプの白髪染め。

そこで、頭皮に刺激を与える成分をしらべてみると、主に3種類なんですね。

(具体的に言うと、過酸化水素水(オキシドール)、アルカリ剤、ジアミン)

それを避けた、頭皮への低刺激性をコンセプトにした白髪染めを使ってみました。

いくつか使ってみた中から、実際に良かった白髪染め(髪萌カラーアップ の紹介していきたいと思います。

頭皮がピリピリ痛くなる理由

髪を染めるヘアカラー剤には、大きく3つ、頭皮への刺激因子となるものがあります。

前述したように、それは

  • 過酸化水素水(脱色剤)
  • アルカリ剤
  • ジアミン(色素)

参考:アラフィー女性が直面する「白髪染めSOS」に髪のプロがアンサー!

ここで、「ヘアカラー」という括りに入っているもの(ドラッグストアなどで売られている、2種類混ぜて使うタイプの染毛剤)は、だいたいこの3種類が入っているので注意が必要。

「ヘアマニキュア」(髪の表面だけ染める、1回で染まる)や「ヘアカラートリートメント」(髪を保護しながら何回かに分けて染める)には、この3種類が不使用。

…というわけで、

頭皮が痛んだりかぶれるのを回避したいひとの白髪染め=ヘアマニキュアヘアカラートリートメントの2択

ということで。

それぞれの違いについては(ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違いについて

ヘアマニキュア:

長所:1回で染まる 

短所:頭皮までバッチリ色がつくので頭皮につかないように注意

ヘアカラートリートメント:

長所:頭皮に一番優しい。普段のトリートメントかわりに使えて一石二鳥

短所:1度では染まらず

共通のデメリット:今の髪より明るくは仕上がらない。徐々に色素は抜けるので、永久的な染毛ではない。

実際に試してみた

使ってみたのは、

ヘアマニキュア:ブローネヘアマニキュア ダークブラウン クシ付

ヘアカラートリートメント:髪萌カラーアップ

まずはブローネのヘアマニキュアから。

もちろんジアミン、アルカリ剤、オキシドールは不配合。

amazonで購入。ドラッグストアにもあります
取り付けタイプ。残りは取っておける。
ジュワーと出てきて、このままクシで塗れます。

良かったところ:

  • 頭皮が痛くない
  • お値打ち
  • しっかり染まる

惜しいところ:

  • 頭皮までびっくりするほど黒くなる!
  • ダークブラウンのはずだが、真っ黒に
  • クシがちょっと塗りにくい

ちょっと頭皮まで黒く染まってしまうのが難点ですかね、、。

上手に塗ることができれば良いのですが、不器用なので、なかなか…。

お次は、ヘアカラートリートメント。

頭皮に優しい!のが売りの髪萌カラーアップ。プロアクティブ社の製品。

刺激のある成分を徹底的に不使用にした処方だそう
本当は手袋がいいんだけど、お風呂入る前に塗るからそのまま。。
でも、洗ったら意外と綺麗

地肌に優しいことはもちろん、頭皮に良い働きをする7種類のハーブを入れたり、トリートメントとしての本領を発揮するハーブ保湿成分を入れたり、と髪を綺麗にすること自体にこだわりを感じる製品です。

使ってみて全く痛くなかったのは感動です。

また、ツンとした匂いもないし、普通のトリートメントと変わらない使い心地。

これで髪がしっとり艶々になるので、白髪染め使ってます!て感じじゃなくて、

単純にトリートメントしてるだけなのに白髪もケアできちゃうね

みたいないい意味で、力を入れずに使い始められるのが、白髪染め初心者としては良かったです。

色の入りは、1日目はさすがに無理ですが、2回使うと、かなり白髪が目立たなくなりました。

私としては、よりナチュラルに染められた髪萌カラーアップ
が合っていました。

まとめ:頭皮の弱い人が選ぶべき白髪染め

頭皮の弱い人は、とにかく自分の頭皮が痛くない種類の白髪染めを使うことが大事!

私の場合は、ヘアマニキュアも、ヘアカラートリートメントも頭皮は痛くなりませんでしたが、ナチュラルに染めていくヘアカラートリートメントのほうが合ってるかな〜と思いました。

とにかく色々試してみることをおすすめします。

実際に頭皮に負担をかけない商品は、それなりの根拠がある処方になっているので、そういった商品を中心に白髪染めを選ぶと良いと思います。

白髪染めデビューしたばかりですが、自分でも使える、優しい白髪染めも存在するんだ!とわかって、私自身ちょっとホッとしてます。

自分のスタイルに合った白髪染めがある!と思えることは、案外結構心強い(笑)。

白髪とは上手に付き合って快適な毎日を送ってきたいと思います。

5分で染まる!色を重ねながら色落ちも防ぐ「髪萌Wヘアカラーセット」

おすすめ